スーミーズ・エンジェルの活動日記 /住宅に関わる制度についての一覧 1ページ目

スーミーズ・エンジェルの活動日記 ホーム企画センターの3人娘がボスの司令を受けて炭の家のことや、現場をレポートします!

2017/03/10

住宅ストック循環支援事業補助金 Ver.佐々木

久々のゴールド免許
とても嬉しい佐々木です


今回はまだまだ謎に包まれた(?)
スーミーズ・エンジェルの生態を明かします(笑)

三者三様な私たちですが、
唯一、共通点が1つあります。

それは、
大食い

大盛り可能なら大盛りにします。
おかわり可能ならおかわりします。
食べるときは無言です。
ただただ黙々と食べるのです。

個別に紹介!

まずはガッキーこと稲垣氏
♪量でいったら№1
過剰なオーダー 大抵お残し
胃腸の弱さも№1
「何食べる?」「なんでもいい」
その真意は
パスタが食べたい

次は、私。佐々木です!
♪喰らうスピード№1
コメには強いが麺には弱い
「何食べる?」「なんでもいい」
その真意は
本当になんでもいい

ラストはヤナギックスこと青柳氏
♪コメ・麺・スイーツ
全てに強いオールラウンダー
ランチはビュッフェともっぱらの噂
「何食べる?」に唯一決定できる人

ふざけました。。。
さ、さ、真面目に仕事の話しします。



今回私が紹介するのは、
住宅ストック循環支援事業補助金
ん~、長い!そして、なんじゃそりゃ!?
の方も多いのではないでしょうか。

平成28年10月11日に創設されたばかりの、
新しい制度です!


~概要~
インスペクションを実施し、
既存住宅売買瑕疵保険に加入する既存住宅の取得や、
耐震性が確保された省エネ改修
一定の省エネ性能を有する住宅への建替えに対して、
国がその費用の一部について支援する補助制度。

つまり、
「良質な中古住宅の購入」
「エコリフォーム」
「エコ住宅への建替え」に対して
補助金が出ますよ~という制度。


※既存住宅の購入、リフォームは
リンクを貼っておきますので
そちらでご確認ください!(下記)

 

(↑クリック↑)
 

(↑クリック↑)


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

今回是非見てほしい対象の方は、
もちろん
建替えをされる方。

~要件~
耐震性のない住宅(※1)除去(※2)すること
エコ住宅(※3)に建替えること
自らが居住する住宅
であること

(※1)耐震性のない住宅とは、
”旧耐震基準”で建てられたもの。
昭和56年5月31日以前の建物
(※2)除去とはつまり解体です。
(※3)エコ住宅。「炭の家」は省エネ性能を
有する建物ですのでもちろん該当します。

<解体と新築の発注者が同一であることが必須>


~補助額~
30万円/戸

(認定長期優良住宅やさらに省エネ性能の高い
住宅の場合は40万円/戸 又は50万円/戸)

  
※省エネ性能証明書発行に
75,000円~80,000円が必要です。


~申請期限等~
解体工事請負契約:平成29年6月30日まで
補助金交付申請:平成29年6月30日まで
建築工事完了:平成29年12月31日まで

非常にタイトなスケジュールですが、
建替えをお考えの方は是非この機会に。

(予算の消化が早い場合は申請期日が
前倒しになる可能性があります。)



今回は大まかに紹介しましたので、
細かな要件、必要書類、
申請・工事の流れ等の詳細は
各担当へお問い合わせください



最後にうちの子です♪
安静中につき写真がありません( ノД`)
元気な頃の写真です↓


 

2017/03/06

ecoプロジェクト Ver.青柳

エアプランツを育ててみようと
早速買ってきた青柳です


エアプランツ…私も最近知った植物なのですが、
土がなくても育つ植物なのです!
とっても不思議です。

別名『チランジア』とも言うみたいですね。
岩石や樹木などに着生し、雨や空気の
わずかな水分を効率よく吸収して育つらしいです

最近ではインテリア雑誌でも
よく特集されているらしいです!笑
(最近知ったのでネットから拾った情報なのです 笑)

その特徴的な外見の魅力が気になり、
土がいらないという手軽さもあって
早速買ってきた次第です

はい、枯らさないように気を付けます

本当はこんな感じのガラスの容器に入れて
育ててみたかったのですが、
これも(価格的な)手軽さからお皿にしてみました

※写真はイメージです

ただ上の写真のように可愛くデコレーションしてないからか
姉からは怪しい植物を育てていると思われて
「ヤバイ薬でも製造するのか」と問われました


ぷにぷにした肉厚感と育てやすさが魅力の
『多肉植物』も気になっています!

エアプランツも育てつつ、
慣れてきたら多肉植物の寄せ植えに
挑戦してみようと思います!
(ブログに書いたからにはいずれは!)

 
 
さて、今回は住宅に関わるお得な制度パートⅡ
ということで、私は
『札幌エネルギーecoプロジェクト』
についてご紹介します

札幌エネルギーecoプロジェクトとは、
地球温暖化対策促進のための取り組みで、
新エネルギー機器や省エネルギー機器を導入した世帯に
機器導入費用の一部を補助しますよ

というもの

予算額を超える場合は抽選となりますが、
大抵が抽選にはならず、全件当選します

👇補助金対象となる機器はこの通りです👇


もう何度もブログで上げていますが
当社だとガスエンジンコレモ
を導入して下さる方が多いですね
コレモについてはコチラ



☆対象者☆ 
◆札幌市内であること
◇自ら居住すること
◆新たに対象機器を設置もしくは
付いていた物件(新品に限る)を購入すること

☆条件☆
◇一世帯に一機種一台限り
◆市税の滞納がないこと

(その他期限までに必要書類を提出することや、
指定日以降に設置工事を行うなど細かくありますが、
ここでは省きます)

☆最後に☆
最後に重要なことを一つ。
ここまで補助金についてご紹介してきましたが、
実は平成28年度のecoプロジェクトの補助金は
募集期間が終了しています!

ただ問い合わせしてみたところ…
平成29年度も実施の方向ではあるみたいです!
ただしあくまで方向であって、
決定ではありませんのでご注意ください!

平成29年度のeco補助金実施の有無については、
4月末市役所HPにてアップされます!

皆さん実施することを心から祈りましょう

ちなみに実施が決まっても内容が同じとは限りません。
実施が決まったら29年度版をチェックしてくださいね

ラストは久々登場青柳家の最高の癒しで終了します

 
 

2017/03/03

お得な制度②『すまい給付金』 Ver.稲垣

昨日まで
スッカリ忘れてましたが
今日は女の子のお祝い
ひな祭り
自称イベント好き稲垣です

稲垣家のお雛様は
かれこれ20年ほど
押入れの中から出していないのですが
結婚後
お雛様の扱いはどうすればいいんでしょうかね
ご存知の方に情報を求めます


さて今回は、
住宅に関わるお得な制度
第二弾
ということで

其の一
すまい給付金

ザックリいうと
自分で住む家を購入した方が、
収入が一定以下

であれば最大30万円の給付金を
もらえますよ
という制度です

だいぶザックリ言いましたが
一般世帯に対して
住宅の購入をサポートしてくれるのです

すまい給付金の
対象になる方


住宅を取得し
登記上の持分を保有するとともにその住宅に自分で居住する


収入額の目安が510万円以下(消費税8%時)
(消費税10%時には収入目安が775万円以下)

ちなみに
住宅ローンを組まない場合でも
年齢が50歳以上でフラット35S同等基準であれば、
現金購入でも対象になります




※ ここでの収入とは、
年収」ではなく
課税証明書の書類の中に記載されている
都道府県民税の所得割額
なのでご注意を

扶養人数や家族構成によっても
異なってくるので
実際
どのくらいの給付金になるのか
シュミレーションもあるので
チェックしてみてください
コチラから)

主な要件

対象者自身が取得住宅に住んでること

床面積(登記簿面積)が50㎡以上
(2階建住宅なら、1階+2階の合計)

施工中に第三者機関による品質確認の検査を受けていること
住宅瑕疵担保責任保険への加入など)

着工前のお申込みが必要になるので要注意です



実地期間
平成26年4月~平成33年12月まで
ただし
平成33年12月までに
お引渡し+入居完了

した住宅が対象です

もっと詳しく知りたい
という方は
コチラ


お得な制度をフル活用してくださいね


 












 
 
 
 
 

2017/02/27

住宅に関わるお得な制度②

こんにちは!
痛風から奇跡の復活を遂げた
ボス鎌田です

復活祝いに食べてやりました

濃厚ラーメン

当社分譲地
『月寒東1条2丁目』
詳しくは→こちら

の近所にある
『真麺処 幸村』さんの
濃厚魚介醤油ラーメン

濃厚~

以前、当社の石川のブログ
『石川レポート』
にも掲載されてます→こちら

もうたまらなく好きです
しょっぱくて
濃厚な魚介出汁のスープに
はまってます

店長とも仲良くなり
毎回なんかしらサービスしてくれます
いつもありがとうございますm(__)m

皆様もぜひお立ち寄りください
『幸村』さん情報は→こちら

でも痛風再発してしまいそうなので
控えなければ・・・

今年も羊が丘のスノーパークに行ってきました


大好きな『かまくら』にて

はい、今回エンジェル達には
『新築時のお得情報』
ということで、
マイホーム新築時にに受けれる
補助金・給付金について報告してもらいましょう

①すまい給付金
②札幌エコプロジェクト
③住宅ストック循環支援事業補助金(建て替え)

現在主流のこの3つをわかりやすく説明せよ~

 

 
 
 

2017/02/10

住宅取得資金等贈与の非課税特例Ver.佐々木

早くなりたいと思っていた年齢に
先日到達しました、佐々木です

しかし現実は?と言えば、
思い描いていたそれとは違い…。
自分、残念( ;∀;)
もっと優雅な大人をイメージしてたのになぁ

そんな私ですが、
先日バッティングセンターに行ってきました
(→おひとり様にて)
仕事帰りに行ってきました
(→スカートスーツで)
120㌔打ってきました
(→ハイヒールで)

写真ですか?
そんなものありません。
おひとりさまですから!

バッティングセンターにおひとり様。
男性だと、練習趣味と思われるらしいのですが、
女性だと、男にフラれてストレス発散
と思われるらしいです。

気を付けましょう。
…自分。


さて、今回のお題。

「税金の話でしょ?難しそう(+o+)」
と思う方も多いでしょう。
出来るだけわかりやすく書きたいと思っていますが、
どうしてもつまらなかったら
軽くスクロールで流して最後に
うちの子だけ見ていってくださいね(笑)


まず、かーなーり!大まかに説明すると・・・

マイホーム購入にほとんどの方が住宅ローンを組みますが、
一部親からお金の援助を受けるという方も少なくないと思います。

人から財産を貰えば贈与税がかかるのが当然のところ、

マイホーム購入のために
自分の父母や祖父母などからお金を貰っても、
一定額まで贈与税がかからない!という制度!


それが住宅取得等資金贈与の非課税特例です。

さて、その一定額っていくらなの?
気になるところですよね。


●非課税限度額


弊社の住宅は質の高い住宅該当しますので
今ですと1,200万まで非課税ということになります。
※質の高い住宅として申告する場合は、
それを証明する評価証明書の提出が必要になります。
評価証明書を発行してもらうのは有料になります。

この制度を受けるには
いろいろな要件があります。

●適用対象者

贈与者)自分の父母や祖父母、曾祖父母


受贈者)20歳以上、合計所得金額が2000万円以下

~注意①~
配偶者の親などから貰っても適用になりません。


~注意②~
例えばお父さんとおばあちゃんからそれぞれ
1200万円貰えるわけではありません。
あくまで贈与を受ける人一人に対して
1200万円が非課税の限度額です。




●住宅取得資金とは???

住宅の新築取得、または増改築等
対価に充てるため金銭をいいます。
これに先行して取得する土地の取得資金も該当します。

~注意③~
あくまで金銭であり土地などの不動産を
貰ってもこの特例を受けることは出来ません。


~注意④~
床面積基準が50㎡~240㎡以下
と決まっています。
大きすぎるお家は該当になりません。
要注意です!!



●入居要件
贈与を受けた年の翌年3月15日までに
建物が完成し居住することが原則です。
が、仮に建築中でもその時点で屋根・外壁が出来ていて
その年の12月31日までに入居が出来れば適用可能です。


●手続き
1200万以下だからOK!ではありません。
贈与を受けた翌年の2月1日~3月15までの間に
贈与税の申告書を税務署に提出しましょう!


大事なことを書いてませんでした。
相続時精算課税、暦年課税
いずれかと併用可能なんです
最大で3700万円まで贈与を受けられるということですね。

親やおじいちゃんおばあちゃんなどから
資金援助を受ける予定の方


その使い道が、マイホーム購入ならば
住宅取得資金等贈与の非課税特例を適用し、
その貰う金額しだいで
相続時精算課税制度を上乗せで適用するかどうかを
検討してみてはいかがでしょうか。



さ!お待たせしました。
癒しのうちの子です

 

2017/02/06

相続時精算課税制度 Ver.青柳

大分出遅れた感というか
今頃!?ではありますが、
映画『君の名は』を見てきた青柳です

もう上映終了間近でした。
あぶないあぶない…

内容は勿論のこと面白かったのですが、
映画に出てくる飛騨の景色が壮大で
現物を見たくなり調べました

今流行ってますよね聖地巡礼

ただ映画に出てきた私が一番行きたい場所は
飛騨ではなく長野県にある『諏訪湖』らしいです

※画像はイメージです

映画観てない方はなんのこっちゃ
という感じでしょうが…

気になる方はとりあえず
映画を見てみて下さい



さて、今回のお題は
住宅に関わるお得な制度を紹介せよ!
ということで、私は
『相続時精算課税制度』についてご紹介します

税金には色々ありますが、
人から財産を受け取るにも税金がかかります!

その税金にも種類があり、下記の2つがあります
・亡くなった人から財産をもらう ⇒ 相続税
・生きている人から財産をもらう ⇒ 贈与税

相続時精算課税は贈与税に該当し、贈与税には
暦年課税
相続時精算課税
の2つがあります
 

【暦年課税】

暦年課税とは1月1日~12月31日までの
1年間にもらった財産の合計金額が110万円
(基礎控除額)を超える場合に、超えた部分に対して
かかる税金です(申告も必要)。

もらった財産の合計が110万円を超えなければ、
申告も必要なければもちろん税金もかかりません
 

【相続時精算課税】

今回の本題、相続時精算課税とは
財産を贈与された時2,500万円(累計)
までは贈与税がかかりません。

その代わりに相続のときには、
生前に贈与された財産と相続された財産を
足した額に相続税がかかるという制度です


すっごくざっくり言うと
「贈与の際には贈与税をとらないけど、
相続時には相続税と一緒に精算してもらうよ」
ってことですね (¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン

仮に相続時精算課税により2500万円の贈与を受けていたら、
相続の時に相続する金額に2500万円足して、
相続税を計算するのです。
※相続税も課税されない場合は相続税もゼロになります

この制度を利用する場合は必ず申告が必要です!

そしてこの2つはどちらか一方しか選べません!
併用不可です!!
そして一度選ぶと撤回できません

ただしこの制度を利用するかどうかは贈与者ごとに選択できます。

※画像はイメージです


★税率
一律20%
です。
控除額から出た部分に加算されます。

ただし最終的に相続税が発生しない状況であれば、
払った贈与税は後日戻ってきます。

贈与税の計算方法>
(課税価格 - 特別控除額) × 税率 = 納付税額
(3000万円 - 2500万円) × 0.2 = 100万円


★適用対象者
<贈与者>
・贈与をする年の1月1日において60歳以上である親または祖父母

<受贈者>
・贈与を受けた年の1月1日現在において20歳以上である者。
・推定相続人である子または孫

※推定相続人とは、
現状のままで相続が開始した場合、
相続人となる者(相続権がある人)のことを言います。

 
★事例を使い相続時精算課税を理解しよう!
・1回目 1000万円の贈与
 2500万円(基礎控除額)-1000万円(贈与額)
=1500万円(残り非課税枠)

・2回目 1000万円の贈与
 1500万円-1000万円=500万円

・3回目 1000万円の贈与
 500万円-1000万円=-500万円
 控除額からはみ出た500万円に20%の税金が課税されます
 

★最後に
相続時精算課税をメインにご紹介しましたが
住宅取得のための資金として使用する場合は、
贈与税が非課税になる!というお得な制度もあります

そちらもモロモロ条件はあるので、
次回のエンジェル佐々木が紹介します!

乞うご期待

2017/02/03

住宅ローン控除について Ver.稲垣

2月3日
今日は節分の日ですね
イベント好き稲垣です

我が家の節分は、
豆まき(必ず落花生)恵方巻
がお決まりです
一番最後に帰宅してくる人に向かって
フルパワーで落花生を投げつけた後は
せっせと落花生を年の数だけ食べてから
(これが結構大変です)
その年の恵方を向き、
無言でお願い事をしながら恵方巻を黙々と食べる・・・
(けっこう、不気味だけど笑えてきます)
何年か前の恵方巻ブーム以来、
すっかり定番のパターンになっています。

(※イメージです)

ちなみに
今年の恵方は
北北西
だそうです

お待たせしました
今回のミッション
住宅に関わるお得な制度

住宅ローン控除の申請

住宅ローン控除って何かというと
↓↓↓
住宅ローンを利用して住宅を購入すると、
年末のローンの残高の1%
10年間にわたって、所得税や住民税から戻ってくる制度なのです


年末ローン残高の4,000万円までが対象で
​(認定長期優良住宅・認定低炭素住宅は5,000万円)
年間最大40万円
10年間で最大400万円控除されます
​(認定長期優良住宅・認定低炭素住宅

​最大50万円・10年間で500万円控除)
  
(条件)

住宅の床面積が50㎡以上

住宅ローンの返済期間が10年以上あること

取得の日から6か月以内に入居すること

その年の合計所得金額が、3,000万円以下であること
等々

ちなみに
所得税より控除額のほうが大きい時は、
翌年の住民税から前年の課税所得金額の7%
13,6500円を上限に控除されます

住宅を買った1年目
税務署での確定申告が必要になってます
2年目
からは勤務先の年末調整で住宅ローン控除の手続きが
できます。

最初の申告の時は揃える書類が多いので少し面倒ですが、
忘れす必ず確定申告してくださいね

必要な書類
確定申告書A(税務署)
住宅借入金等特別控除額の計算明細書(税務署)
住民票
源泉徴収票
住宅ローンの借入金残高証明書
(金融機関から送られてくるハガキ)
土地・建物の登記簿謄本(法務局)
売買契約書または建築請負契約書
マイナンバーなど本人確認書類

提出は、
今の居住地を管轄する税務署まで直接持参か、
郵送でもe-Taxでの申告もできます

今年の提出期限は3/15
までです
まだ済ませていない方は、
早めに申告して還付を受けてくださいね




 




 
 
 

2017/01/30

住宅に関わるお得な制度!

こんにちは!

公私共に絶好調だったボス鎌田です

仕事もいい感じで忙しく
愛娘も可愛いしね


ええ・・・
3日前までは・・・

それはあまりにも突然やってきましたfrown

夜中に突然足の激痛で目が覚めました

足がパンパンに腫れている

これはもしや・・

本日あまりの痛さに耐えかねて病院へ

予想通りの病名でした

恥ずかしいので
『贅沢病』
とでも言っておきましょう

噂通りの痛さなのですが
自分の想像をはるかに超えた痛さです

笑っているそこのあなた!
それは突然やってくるのですよー

皆様、お気を付け下さいませm(__)m


羊ケ丘展望台のスノーパークにて
おすすめスポットです
(詳細はこちら

さて

1月もあっという間に終わりを迎え、
もう2月になりますね

2月と言えば
『確定申告』

自営業の方々は
特にお忙しくなる時期となります


昨年、マイホームをご購入をされた方々も
この時期に税務署で申請しなければ
損をしてしまう税金関連のことが何点かあります

1:住宅ローン控除の申請
ローンを組んで住宅を購入された方が申請するもの

2:相続時精算課税制度の利用
土地を親や祖父母からもらってお家を建てたり、
資金援助を受けたりした場合
に利用できる制度

3:住宅取得等」資金贈与の非課税特例の利用
お家を建てる資金の一部を親や祖父母から現金でもらって
建てた場合に利用できる制度

今回はこの3つを
エンジェル達にわかりやすく
説明してもらいましょう

この制度を利用しないと
お客様はたくさんの税金
支払うことになってしまうので

心して報告せよ!!!!