石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2018/09/06

注文住宅用地 厚別区

こんにちは。




突然ですが、とんでもない大きさの
キノコを見つけた石川です。


↑ 僕の握りこぶしと同じくらい・・・。




たまたまトイレに寄った公園で、
木の根元に何やら大きい物体が。
近付いてみてみるとキノコでした。
とにかくデカい



しかも1つだけではなく、この木の周辺に
たくさん生えてました。うーん
やっぱり毒キノコでしょうかね


↑ たくさん生えてます。







さて今回は注文住宅用地の紹介です。
この巨大キノコが生えてた公園の
すぐ近くの物件です。




詳しい住所は
『厚別区厚別中央3条1丁目』
 厚別区の物件は貴重で、久しぶりです。

 
↑ 当社の物件資料です。





この物件ですが、一番左のA号地はご成約です。
ありがとうございます。現在の販売状況は3区画。
※僕はB区画で週末にご提案予定です。




そしてなんといっても駅近。
地下鉄東西線の『大谷地駅』『ひばりが丘駅』に
それぞれ徒歩11分
かなりの希少価値なんですよ。
(この時、厚別中央の売り土地の
 情報はたったの3件・・・。




近隣の利便施設については、上の資料に
書いてありますので、今回は省略。
現地の様子を写真付きで紹介します。

 
↑ これはC区画の正面からの写真です。
  台風の前日だったので、旗は下げてます。cheeky




道路の縁石も低く、平坦な土地です。
裏の車が走ってる道路は平和通りです。
その間の草が生えてる斜面は何でしょう?






↑ 角度を変えて、横から。
  赤い〇は敷地の境界。青い〇は、近隣の
  皆さんが通り抜けてる道のようです。




見たところ、将来的に、ここに家や建物が
建つことはなさそうな気がします。だとすれば
この土地は正面も裏も日が入ります。smiley





それを詳しく調べるには・・・。

 
↑ これは法務局で取得できる
  『公図』という図面です。





この公図、簡単に説明すると、
『土地の境界や建物の位置を確定させるための図面』
です。上の公図で状況を説明しますね。





この土地はもともと598-110、598-111の
2つだった土地を4区画に分けています。
(これを分筆といいます。
 土地は1筆、2筆と数えます。




その裏の緑の長細い598-3が
問題の斜面です。ですが、ごめんなさい。
この斜面が誰の所有で、どんな土地かは
まだ調べてませんでした・・・。





ちなみにこれを調べるには、法務局で
土地の登記簿謄本を取得します。
そうすれば、この土地がどんな土地か
はっきりわかります。




さらにその裏の598-179は
平和通りの道路だと思われます。
※道路にも1つ1つ番号がついています。




ですが、公図を見た限り、この斜面は
建物が建つことはなさそうです。
建物を建てるには長細すぎますね。




そんなわけで、この土地の裏は
建物が建たなそうなので、裏の東側に
配置される部屋の窓を大きくして、
朝日をたっぷりsmiley
取り入れられますね。




そして裏に建物がないので、
隣のお家の目線なども気にせず、
窓の計画もできます。
これも開放的で嬉しいですね。





そんなこんなで、貴重な土地です。
東西線沿線でご計画の方、
ぜひご検討下さい。




この土地に合った参考間取り図
数パターンの用意があります。
ご興味のある方は下記までお問合せ下さい。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム