ゼッチ

ZEH

ZEH
[Net Zero Energy House]
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは?

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。
ZEH[ゼッチ]とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

国の施策として、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)では、「住宅については、2020 年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標が設定されています。

快適性と省エネ性能を両立させる家づくり

01 PLAN

採光・通風・環境に配慮し、凹凸の少ないできるだけシンプルな基本設計により、まず建物の躯体性能でしっかりと先進的な省エネルギー性能を確保します。

01 PLAN

省エネルギー性能の高い躯体性能を実現し、過剰な設備機器の設置を避け、ZEH住宅の低価格化に努めてゆきます。

01 PLAN

省エネ・創エネ設備にかかる費用とのコストバランスを検証し、低コストで高効率な省エネルギー化を実現できるZEH仕様を追求してゆきます。

ホーム企画センターの今後の普及率

ZEHコンセプトモデルについて詳しくみる