祝 着工までの道のり④ │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2016/09/27

祝 着工までの道のり④

こんにちは。

すっかり秋になり
自宅も『ハロウィン🎃』の石川です。
朝晩は本当に寒くなってきたので、皆様も
体調には十分気を付けて下さいね。





さてさて、N様の土地のお話も、
今回が最終回です。(終わるかな?



夜遅くにも関わらず、
新しい図面(ラフプラン)を握りしめて
N様のお宅に伺いました。




前回の内容の通り、斜面にかかる部分を
最小限にし、前面も規制がかからない
ギリギリの範囲での間取りを
数パターン、ご覧いただきました。



前回の内容は こちらから



ご覧になっていただいた感想は・・・



『もっと小さい間取りを想像してましたけど、
 どれもちゃんと間取りが成り立ちそうですね。
 なんとかなりそうですね。
とのことでしたので、後日高木さんにラフプランを
清書してもらい、再度ご自宅に伺いました。



同居されるお母様が、膝の手術をされたので、
できれば居間とお母様のお部屋と水回りは
1階にというご要望があったので、通常の
提案のように1階をメインに間取りができました。



しかしそこは1級建築士の高木さん。
2階をオーバーハングさせることで、
2階の有効面積を広げ、広がった2階に
居間や水回りを上げて、お母様には
ホームエレベーターをご利用いただく提案。


↑ オーバーハングとはこんなイメージです。



通常通りに1階をメインに作り、
広くなった2階に1階で不足しがちな
収納や物干しスペースをたっぷりとる提案。



などなど、限られた面積の中で、
いくつも図面を作ってくれました。



これらの提案だと、おおむね予定していた
ご予算で進めていけそうとのことで、N様ご夫婦も
『やっぱり1階がメインの間取りで、
   2階を広げた形でお願いします。』と
今回の提案にご納得いただけました。


↑ 右側の2階部分がせり出しているイメージです。



そしてこの間取りをベースに、
再度の詳細打ち合わせの末に、
無事ご契約をいただき、
8月下旬に、
無事着工することができました。


↑ 土留め(シートパイル)で、斜面を止めて。




↑ 土留めとの隙間に盛土をして、終了です。




↑ これでようやく着工できます。



着工の時の記事は らから




N様の記事は4回にも渡り、長くなってしまいましたが、
今回のN様の土地は、僕が今までお手伝いさせていただいた
お客様の中でも、1,2を争う難易度でした。



ですがここまで来れたのは、不確定な事が多く、
内容が二転三転したのも関わらず、いつも笑顔で
『石川さん、高木さん、林さんに任せますよ。
と言っていただき、僕らの提案を全面的に信頼していただいて
前向きに受け入れていただいた、
N様ご夫婦のおかげです。



本当にありがとうございます。



ご契約をいただいた後のお客様アンケートには、
『難しいこの土地でマイホームが建てられるのは、
 石川さんと高木さんがあきらめずに提案してくれた
 からだと思ってます。
   私は途中で、
   少しあきらめていました(笑)

 と書いてました。
 (やはり大幅に予算がオーバーになった時点で、
 奥様は不安がいっぱいだったんだと思います。)




さて、この記事が長く続いている間に、
現場は順調に進み、9月の下旬に無事
基礎工事が終わりました。
明日(29日)から、いよいよ
大工さんの作業がスタートです。


↑ 足場もできて、準備万端。



安全第一で作業をしてもらいますので、
N様、どうかよろしくお願い致します。



引き続き、今度は現場の様子を
石川ブログで紹介させていただくので、
皆さんもどうかお楽しみに。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム