石川レポート web版 /石川についての一覧 1ページ目

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2019/01/19

とんぼ玉作り体験(^^)

こんにちは。





長男の自由研究はあまり手伝えませんが
次男の自由研究は手伝った石川です。





前回のブログで紹介しましたが、自由研究で工作に
挑戦して悪戦苦闘している長男に対し、
次男の自由研究は
『とんぼ玉作り




以前、長男が低学年の頃にも一度体験してますが、
今度は次男がチャレンジです。子供の冬休みと
僕の休みが一緒の最後のタイミングでした。





この日は午前はミニバスの練習だったので、
お昼を食べて、午後からの出発です。





この日は次男のクラスメートで、ミニバスでも
『宿命のライバルのY君と一緒です。
Y君はお兄ちゃんも長男の同級生で、
同じミニバスチームに在籍しています。


↑ がんばるぞ





Y君家族と我が家は同じ家族構成で、
お父さんお母さんにもいつもお世話になってます。
そんなY君も次男と同じで小さい頃から
体育館についてきてるので、バスケも上手い





そんなわけでこの二人、ライバル意識がすごい。
お互い『こいつには負けたくない』
いつも張り合っています。次男は練習が終わると
『今日はYとどっちが上手かった?』
と必ず、しつこいくらい聞いてきます・・・。





そんな日々の切磋琢磨のかいもあって、
1年のチビながら、他チームの方からも
『あの二人うまいね。何年生?』
とよく尋ねられます。
ハイ出ました親バカ





いずれウチのチームを背負って立つ男たちです。
頼むぞですが、体育館を離れれば
仲の良い友達同士。今日は楽しもう





そして今回お世話になったのは
『小樽 彩や』さんです。

 
↑ こちらは夏の様子。
  建物は築100年以上とのこと。





以前長男が挑戦したのもこのお店でした。
お店の方が手伝ってくれるので
小さい子でも安心のようです。





早速、作りたい形と色をセレクト。

 
↑ 以前より種類が増えたような。





次男は上級コースのワンちゃんをセレクト。
Y君はノーマルコースの水玉模様です。
ワンちゃんは明らかに難易度が高そうな・・・。





そんなこんなで、まずはY君から挑戦。

 
↑ まずはメインの色のガラスを
  温めて溶かします。





次からの工程は次男の写真で。

 
↑ 温めたメインのガラスを芯になる棒に
  巻きつけていきます。最後に芯棒を
  抜くので真ん中は穴が空きます。






↑ 芯棒につけたガラスをクルクル回すと
  形が整い丸くなっていきます。





 
 
↑ そしてここからが上級コース。
  耳や目や口の部分を違う色のガラスで
  絶妙な量をくっつけます。





そしてまたクルクルして、形を整えます。cheeky
そして最後の仕上げ。

 
↑ バーナーの火力を上げ、強い炎の中で
  全体の形を整えて終了。
  あとは1時間ほど冷やせば完成。





意外と短時間で作業は終わりました。
さあ二人の作品は上手にできたのか?

 
↑ 冷めるのを待っている間は、近所の
  『かま栄』さんのかまぼこを
  食べて一休み。美味しかった。





そして一時間後にお店に戻ると・・・。

 
↑ 無事完成しました
  小さいので拡大すると・・・。






 
↑ 写真は少しぶれてますが、かわいらしい
  作品が完成しました。





子供達はほとんど、棒を持ってクルクル回している
くらいの作業ですが、手伝ってくれるお姉さんの
ガラスの量や火力の調整が絶妙なんでしょうね。





自分達だけでチャレンジするとどれほど
難しいのか、試したみたいものです。
さすがの職人技に僕は感心し、
子供達も上手にできて大満足





次男は宿題も無事終わり、Y君も
『コーチとお出かけできて楽しかった。
と言ってくれたようなので良かったです。





冬休みの最後に良い体験ができて
良かったね。普段はなかなか休みが
合わないので、今度は春休みかな?

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2019/01/04

仕事はじめ(^^)

こんにちは。





ゆっくり休みすぎて、今日からの
仕事復帰の自信がない
ですが元気はいっぱいの石川です。





今回の年末年始は仕事納めがとても早く
12月26日から昨日1月3日まで
9日間も休ませていただきました。





そんな休み期間は・・・。
26日、27日はバスケ。
(2018年は27日で最後でした。

 
↑ 冬休みはたくさん練習しようね。






28日はバスケのお父さん達と忘年会
昼間は子供達とゲームセンター。

 
↑ メダルゲームに夢中です。





29日はレバンガ北海道の試合観戦。

 
↑ この日も敗戦・・・。3Qまでは
  いい流れだったのですが。






 
↑ ちょっと見にくいですが、レバンガ北海道の
  選手兼代表の折茂武彦選手
  前人未到の大記録通算10000得点
  向けてのカウントダウン
  『折茂メーターが折茂選手の
  得点のたびにカウントされていきます。
  この大記録は本日4日の試合で達成されそうです。





30日は午前は買い物coolで、午後からは
子供達と静内のお客様に挨拶へ。
帰りは温泉へ。もう恒例行事です。

 
↑ 静内温泉は施設もキレイで
  お湯も良かったです。





31日は大掃除とそり遊び。laugh

 
↑ 近所の西岡水源地がいいそり遊び場です。laugh






1日は家でゆっくり。
2日はスキー。
北広島の『ダイナスティスキーリゾート』へ。

 
↑ 友人のI君とI君の子供達と僕と我が家の
  子供達で、長男チーム、次男チームに
  分かれて。次男チームは全く滑れないので
  ゲレンデの下の方で斜面を登って練習。
  たいして滑ってないのに疲労困憊・・・。
  その日の夜から足が痛い・・・。





休み最後の3日は、この日もI君家族と。
I君の次男がこの日は誕生日。
みんなでお祝いしました。
(こちらも毎年恒例行事です。)





そんなこんなで、長かった休みも
あっという間に終わり。毎日ダラダラ
寝ていたので、今日の一番の課題は
『早起きすること
何とか起きて出社できました。





2019年も1組でも多くのお客様に
マイホームを実現してもらうため、
建てていただいたお客様には
今後も永く快適に過ごしていただくために
がんばっていきますよ。





2019年もどうかホーム企画センターと
石川をどうかよろしくお願い致します。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2018/12/25

仕事納め(^^)

こんにちは。





先日の12月23日で
39歳になった石川です。


↑ 翌日はクリスマスのため、小さいケーキで。







↑ ミニバスチームからも
  プレゼントをいただきました。
  ありがとうございます。





最近は毎年が早いもので、
あっという間に30代最後の年です。
アラフォーってやつですね。





毎年順調に体重は増えています
今のところ健康ですし、毎日元気です。
週に一度ですが、運動してるのは
いいことですね。





週に一度ではこれ以上は痩せないので
もう一回くらいを増やして、来年は
もう少し体重を減らしたいものです。





そんな誕生日には毎年家族から
『何が欲しいの?』と聞かれますが
特別欲しい物もなく、去年も
特に何ももらっていません。





今年も特に欲しい物はないのですが、
年末年始はゆっくりできそうなので、
久しぶりにゲームをやろうと思いました。
※夏頃からいくつかやりたいゲームが
ありましたが、ミニバスで忙しかったので、
それどころではありませんでした。


↑ もらったゲームはこれ。





この『ネオアトラス』というゲーム
1400年台のヨーロッパが舞台で
貿易や珍しい物を見つけお金を稼ぎ、
未知の世界に船を出し、新たな地図を
作り世界の謎を解明していくといった内容。





昔からあるゲームでPS,PS2でも
やりましたが、一度はじめると夢中に
なりすぎて、毎日寝不足になってました。
ですが年末年始はその心配はありません。
じっくり楽しみたいと思います。











さて、今年のホーム企画センターですが
僕が入社して以来、最も早い
本日25日が仕事納めです。





毎週水曜日と木曜日が定休日というのと
土日の関係で、恐らくこうなったと思われます。
年末の休みが早い分、年明けは
4日(金)からの通常営業になります。





しかし私石川は例年通り、まだあいさつまわりが
終わってないので、まだ数日は働きます。
しかしブログも今日で仕事納め




今年も大変お世話になりました。
そして来年もどうかホーム企画センターと
私石川をどうかよろしくお願い致します。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2018/12/23

今年のクリスマスプレゼントは?

こんにちは。





今年も子供達からサンタさんへの
手紙を預かった石川です。


↑ 左が次男、右が長男です。





次男は任天堂スイッチのゲームソフト
『大乱闘スマッシュブラザーズ』


↑ 次男はゲームばっかりです。





長男はピストルのオモチャ
『ナーフ銃』
※もうすぐ中学生の6年生がまだ
 こんな物が欲しいのか・・・。と僕ら夫婦。


↑ こちらがナーフ銃。
  大人も楽しんでるようです。





この時期の子供達の楽しみで恒例行事ですが
今年はこのプレゼントをめぐって
ひと悶着ありました。





長男がお願いした『ナーフ銃』
種類が、すでに生産中止になっているでは
ないですか。




それでもネットで扱ってないか調べてみると
なんと3万、4万円もするようです。
これは参りました・・・。





我が家の子供達(主に長男)には
『サンタさんを信じてない人にはサンタさんは
 来てくれないよ。』と話してます。





ですが、さすがのサンタさんも
3万円のオモチャはキツイ
なので長男には『サンタさんもこんなに
高い物はもってきてくれないから、別の物に
しなよ。』と僕ら夫婦。





すると長男、『なんで?サンタさんは
値段なんか関係ないじゃん。
好きな物持ってきてくれるんでしょ?』





う~む・・・。正論です。さすが6年生。
そこから夫婦は苦しい説得。
『サンタさんだって何でも持ってきてくれる
わけじゃないよ。車とかマンションって
言われたって困るじゃん。』





すると長男。『子供が車とか家とか
言わないし。』う~む・・・。正論です。
『とにかく3万円のおもちゃは無くなったり、
壊れたら大変だよ。小学生には高価すぎる』と僕。





すると長男。『任天堂スイッチだってPS4だって
3万円じゃん。サンタさん持ってきてくれたよ。』
※スイッチは次男の誕生日プレゼントでしたが、
 PS4は去年のクリスマスプレゼントです。





完全に小学生に
論破されています・・・
高学年にはもう通用しません。仕方ない。
もう長男には真相を伝えることにしました。





すると長男、『わかったよ。
もっと安い物で欲しいやつ探すね。
長男はもうわかっていました
僕ら夫婦も6年生だし、友達とも色々話してるので
知ってるんだろうなとは思ってましたが。





そんな長男に『いつから知ってた?』と聞くと
『3年生の時にバスケの先輩が言ってたよ。』
とのこと。夢のない余計なことを。
3年生の時は信じてたと思ったけどなぁ。





けど長男には『次男には言うんじゃないよ
と釘をさしておきました。次男もこれから
周りから色々言われるとは思いますが、
夢は持ち続けてほしいものです。





さあ明日のクリスマスイブには
プレゼントは届くのか?





ここ最近は、すすんで家の除雪をやったりlaugh
僕のマッサージを嫌がらずやってくれて
とても良い子達なので、きっと届くはずです。
※この時期の限定ではなく、いつもこんな感じ
 なら素晴らしいのですが。
 
 
 

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2018/12/17

消費税 増税対策

こんにちは。





最近よく買うお菓子が早くも
違うものになった石川です。

 
↑ 今はこれです





前回は明治のラムネ(大粒バージョン)
でしたが、今の流行りはこちらです。





グミも比較的好きなお菓子で、
たまに買うのですが、ブルボンの
『フェットチーネグミ』
は好きな商品です。





今回紹介する、もちふわバージョンは
過去最高傑作です。
今のところ味は、コーラ味のみのようです。





通常の物と何が違うかと言うと、
グミの周りが通常よりも多い量の
酸っぱいパウダーで包まれていて、
食感が文字通り『もちふわ』です。





この酸っぱさがたまりません。
一袋、あっという間に食べてしまいます。
早く違う味も販売してほしいものです。







さて先日、消費税の増税時の
マイホーム購入支援
内容がほぼ固まったという新聞記事が
あったので紹介しますね。





今までの増税対策は・・・。





『すまい給付金
もらえる金額が最大で30万円から
50万円にアップします。
※自分はいくらもらえるか?の
 簡単なシミュレーションは
 こちらから





収入や納税額によって、もらえる金額は
かわりますが、40万、50万もらえれば
増税分のカバーにはなりそうですね。






もう1点は住宅取得等資金贈与の特例です。
住宅取得等資金贈与の特例とは、
親や祖父母から住宅取得資金として
贈与を受けた場合、一定の金額が
非課税になるというもの。





今までのこの制度は最大1200万円までが
非課税でしたが、増税後2020年3月末までは
最大3000万円までが非課税になります。


↑ 上は表は現在と過去の金額。
  下の表は増税後の金額。
  年々金額は減っていきますね。





親御さんからマイホームの援助資金
たくさんもらえる羨ましい方は、
増税後にマイホームを建てる方が得です。






そして今回新聞に載っていた内容はこちら。

 
↑ 住宅関連は一番上の黄色い四角で
  囲まれている部分です。





住宅ローン控除をうけられる
期間が現行の10年から
13年に延びるというもの。





そもそも住宅ローン控除とは
対象となる期間の年末の住宅ローン残高の1%が
その年の所得税から最長10年間控除される
というものです。
詳しくはこちらから





今回は住宅ローン控除の詳しい説明は
しませんが、この3年延長は大きいですね。
場合によっては、この3年延長だけでも増税分を
余裕でカバーできる可能性もあります。
※ですが、これも期間限定。
 20年末までの入居者が対象とのこと。





実際、僕もこの時期は年末調整の際に
手続きをしてもらってますが、
この控除分でかなり助かってます。
※年末のお給料に反映されるのです。





いかがでしたか?
かなり簡単に説明しましたが、今回の
制度のおかげで、増税への不安は
少しはカバーできそうです。





我々、営業マンにご相談いただければ、
すまい給付金の額、住宅ローン控除の
詳しい説明などをさせていただきます。





お気軽にご相談下さいね。
お問い合わせはこちらから ↓↓↓

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2018/10/30

学習発表会(^^)/

こんにちは。




長男は最後の次男は最初の
学習発表会を観に行った石川です。




1年生の次男にとっては小学校では初めての
6年生の長男にとっては小学校最後の
学習発表会でした。


↑ 次男の様子。smiley






↑ 長男の様子。smiley
  集合写真なので、他の子の顔が
  ☆だらけ・・・。





1年生と6年生は大丈夫でしたが、
あいにくの天気で、劇の最中も
災害メールが何度も鳴ったようで、
かわいそうでしたね・・・。





そんな我が家の子供達は
1年生は『アラジンと魔法のランプ』
6年生は『ぬちどぅたから』
という演目。





アラジンと魔法のランプはおなじみですね。
次男は悪い魔法使いの役。
アラジン、姫などどの役も数人ずついます。


↑ 黒いマントの魔法使い。




自分のセリフをしっかり前を見て、
元気に言えました。はい親バカ
他の子達ももじもじせず、みんな
自分のセリフを堂々と言ってましたね。




どの子も半年前まで幼稚園児だったとは
思えないくらいです。子供達の成長は
早いです。たのもしい。




そして今回が小学校生活最後の6年生の
演目は、沖縄の戦争の悲惨さを訴える
『ぬちどぅたから』です。




標準語にすれば『いのちこそ宝』です。
『白旗の少女』の比嘉富子さんの体験した
沖縄での戦争の記憶をたどるお話。
命の大切さを尊さを6年生が演じました。




平和な沖縄が、ある日突然戦場に。
戦争が人を狂わせる。大事な命がとても
軽いものになってしまう異常な状況。




僕ももちろん、当然子供達も見たことも
体験したこともないこの異常な状況を
どの子も一生懸命演じていました。
 
 
↑ 我が家の長男達です。






↑ 当時の小学生っぽい服も用意しました。





長男は地元の少年の役で、赤ちゃんを抱えて
赤ちゃんと一緒に死のうとしているお母さんを
『死んじゃダメだよ。』と励まし、赤ちゃんに
毛布をかけてあげる優しい役でした。




ちなみに我がミニバスチームの子達は・・・。


↑ チームメイトの約半数は、血も涙もない
  日本兵の役。普段は優しい子達も
  難しい演技をがんばりました。




1年生を見た後というのもありますが
どの子もさすが6年生といえる
素晴らしい演技でした。





子供達がどれだけ一所懸命練習したかは、
本番を見ればわかりますね。50分ほどの
時間はあっという間でした。
迫真の演技に涙が出そうでした。




1年生は1年生で成長を感じますが、
6年生は、やはりさすがです
あと数か月で卒業し、中学生です。
嬉しいような、寂しいような。




そして来年は2年生になった次男がどんな
姿を見せてくれるか?今から楽しみです。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2018/10/03

炊き込みご飯(^^♪

こんにちは。




ひょんな事から
次男の小さい頃の事を
(今もチビッ子ですが
思い出した石川です。

 
↑ ネタにされると思い、非協力的です。




ひょんな事とは写真の
炊き込みご飯です。
子供の頃は白いご飯よりも、
炊き込みご飯が好きな子が多いのでは?
※僕はそうでした。今も好きです。





次男も炊き込みご飯は昔から好きで
今でも好きです。小さい頃は『今日の
晩御飯、何食べたい?』と妻が聞くと・・・。





『たみこきご飯




とのこと。最初はみんなで???でしたが、
すぐにみんな『炊き込みご飯だね。』と納得。
微笑ましい一コマでした。




そんなことを炊き込みご飯を見るたびに
思い出しますが、この話をすると次男が
以前よりも照れくさそうにします。




そんな様子をみて、彼も徐々にお兄ちゃんに
なってるんだなと感じます。
はい出ました親バカ




申し訳ありません。
私石川、この日はここで力尽きてしまい、
今回の内容は、この親バカ記事のみです。
次回からちゃんとお家の話もします・・・。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2018/09/12

北海道地震 住宅設備の話

こんにちは。




恥ずかしながら、今回の地震で
我が家の住宅設備の
災害時の使い方を知った石川です。




ほとんどの物は電気で動いているので
使えないものばかり・・・。
と思いきや、使えるものもあるのです。




まずはトイレ。

 
↑ 我が家の2階のトイレです。




我が家は1,2階にそれぞれトイレがあります。
1階はLIXILさんのサティス(タンクレス)。
2階はTOTOさんのZJ(タンク付き)。





1階のタンクレスタイプのトイレは、水道からの
直流で、電気で動いているため流せません。
流すためにはバケツに4,5ℓの水を入れ、
勢いよく流します。結局はアナログです。




2階のタンクのタイプは、ウォッシュレット等の
機能は使えませんが、タンクに水を溜めて
その水で流すので、断水でなければ流せます。
※断水の場合は、タンクの中の水が無くなれば、
 バケツでアナログ式に流すしかありません。

 
↑ 便器の裏に秘密のわっかが。
  これを引っ張れば流れます。




そして次はキッチン。

 
↑ 我が家のキッチンです。




我が家のキッチンは、LIXILさんのリシェル
コンロはリンナイさんのデリシアです。
※これらは奥さんの希望で奮発しました。




しかしこのコンロ、100Vの電気
必要なタイプなのです。コンロの上部の液晶の
表示等に電気がかかるそうです。




なので、停電時に『キッチンはガスだから
大丈夫だね。良かった。』と言って、
コンロのスイッチを入れようとしても、
うんともすんとも言いません???




そりゃそうです。燃料はガスですが、
ガスを点火してコンロを機能させるには、
電気が必要なのです。




僕も家族も『そっか。仕方ないから、
カセットコンロだね。』と、
食事の煮炊きはカセットコンロでした。cheeky
※幸いガスボンベのストックはありました。




ですが、周りの人の話を聞くと
『それ、非常時は電池入れたら使えるよ?』
とのこと。早速、説明書も見てみると・・・。








 
↑ パカっと開く場所が。





あるではないですか、非常用の乾電池を
入れるスペースが。しかし、これに
気づいたのは電気が復旧してからのこと。





今回はまだ暖かい時期で良かったですが、
冬場だと暖房に使うボイラーも
電気がないと動きません




最近はガスのエコジョーズが増えてますので、
ボイラーは暖房も給湯も一体型
なので、暖房も給湯も電気がなければアウト。





これから冬になっていくので、今度は
防寒の対策も必要になってきます。laugh
冬に再度、災害が来るかもしれません。




カイロや毛布などの防寒対策。上で紹介した
コンロを十分に動かすための乾電池のストック。
夏でも冬でも共通の非常時の備えの
明かりや食料や飲み物、ラジオも
再度チェックしましょうね。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2018/09/09

北海道地震

こんにちは。




自分自身も家族も今回の
北海道地震で、大きな被害は
なかった石川です。




被害に遭われた皆様に、心から
お見舞い申し上げます。




今までこんなに大きな地震にあったことは
なかったので、大きな地震の様子を
TVで見ても、あまり自分事ではなかった
感じはありました。


↑ 子供達は学校が休みでラッキー
  すでにゲームの充電は尽き、
  外で遊ぶしかありません。





いざ自分事になった時に、本当に
非常時の準備は日ごろから必要だな
と強く感じました。





食べ物や飲み物のストックはもちろんですが、
特にラジオは本当に助かりました。
被害の状況、停電の解消の見込みなど
必要な情報が早く入ってきますし、
声が聞こえる安心感がありました。





また懐中電灯は、そもそも2つほどあり、
長男が100均で買ってた
LEDのスタンドライト(乾電池式)も
2つあり、明かりも心配いりませんでした。
あとは暗くなったら、早く寝るんです。




幸い我が家は水は使えたので、トイレや
食器洗いなどは問題ありませんでした。
ですが、電気がないと本当に困りますね。




何をするにも電気が必要なんだなと
こちらも痛感しました。気づけば
色々なスイッチに手を伸ばしてます。




それでも2日目の夜に電気は復旧し、
ある程度、日常の生活が戻りました。
2日程度でしたが、これが1週間や
それ以上となると想像できません・・・。


↑ 電気が復旧した瞬間。
  歓喜の渦でした。cheeky




非常時の備えについてや、災害への準備の
大切さは今回、本当に実感できました。




同時に、普段当たり前に感じてる
平和な生活は、決して当たり前では
ないんだなとも思いました。




まだ完全に元通りではありませんが、
一刻も早く元の状態に戻ることを祈ってます。
また、これ以上の地震がないことも祈るのみです。




大きな被害に遭われた皆さん。
電気の復旧をがんばってくれてる皆さん。
現地の作業でがんばられてる自衛隊や
消防や警察の皆さん。
他にも大変な状況の皆さん。




がんばって下さい!
そしてがんばりましょう!

 
 

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2018/08/25

帰省(お盆休み)②

こんにちは。




休みすぎたせいで、もはや
次の休みが待ち遠しい石川です。
お盆休みボケがなかなか抜けません・・・。




今回は前回の続き。お盆休みの様子です。
2日目は朝一で鍾乳洞を観に行きます。
『あぶくま洞』です。

 
↑ 僕は幼少の頃、連れて行ってもらった記憶が。
  母はすっかり忘れてましたが。
  今回は旅は、ここが一番の見どころです。




外は朝から30℃越えの気温ですが、
鍾乳洞の中は、1年中15℃前後とのこと。
とても涼しく、寒いくらいでした。laugh
中に入って少し進むと別世界が。

 
↑ 色んな形の鍾乳石が、ライトアップされて
  とても幻想的。この形が出来上がるまで、
  何万年と途方もない時間がかかるそうです。





 
↑ 一番メインの大空間。5階建ての建物程の
  高さの吹き抜けの空間は大迫力。
  子供達もびっくり。(゚∀゚)




 
↑ 鍾乳洞を出て、イワナの塩焼きをガブリ。
  この旅で一番美味しかったとのこと。
  北海道では食べれない珍しい物です。




この後は会津若松の武家屋敷へ。
数年前の大河ドラマ
『八重の桜』もここ会津が舞台。

 







↑ 柔道家の西郷四郎の銅像。
  彼にしかできないと言われる
  幻の必殺技『山嵐』の様子です。cheeky




そしてここから少し移動して、
国の重要文化財に指定されてる
『さざえ堂』を観に行きます。


 




こちらは1796年に建てられたお堂で
3階建て程度の建物ですが、階段がなく
一方通行のスロープで歩きながら
中央部に設置されてる
三十三観音のお参りができる場所です。




この建物、本当に不思議な造りで
二層のらせんスロープで構成されてるので、
登る人と降りる人はすれ違いません。




200年以上の建物が、このような技術で
建築されてることには驚きました。
子供達も『何で今どこにいるんだ?』と
不思議がっていました。




この後は喜多方市で以前から
食べてみたかった
『喜多方ラーメン
食べて、高速には乗らず、
山をいくつも越えて新潟へ。


↑ あっさりスープの醤油味。
  太めの縮れ麺がスープに良く合います。
  シンプルなトッピングも◎です。





そして翌日はお墓参りと海水浴
 
↑ 泳げない子供達は、浅い砂浜で水遊び。




そして漁港の直売所で
生カキと海鮮丼を堪能。

 
↑ 大きくて身がたっぷりです。





翌日はついに天気が崩れます・・・。wink
なので実家で昼までのんびりし、
午後からお土産を買いに行き
夜は外食。新潟の田舎料理です。

 
↑ お昼は新潟県民のB級グルメ
  『イタリアン』です。
  このイタリアン。焼うどんと焼きそばの
  中間のような麺にトマトソースがかかってます。
  (麺はあっさり味の焼きそばです。)






 
↑ 夕食は新潟の郷土料理。
  『わっぱ飯』です。
  このわっぱ飯のわっぱとは、杉やヒノキの
  薄板を曲げて作った容器のことです。




  このわっぱに薄い塩味をつけたご飯を入れ
  鮭、いくら、鯛、のどぐろ、鶏肉を乗せて
  蒸したものが『わっぱ飯』です。
  このお店が新潟のわっぱ飯の発祥だそうです。




そして今回の帰省も最終日。
お昼に新潟港からフェリーに乗り、
翌日の4時30分に小樽港に到着予定。

 
↑ 出発前の様子。smiley
  出発前は元気いっぱいでしたが・・・。





出発の日はとてもいい天気smiley
フェリー日和でしたが、
天気のわりに海は時化とのこと。




出航してすぐは、新潟港の港内で
波消しブロックがあるので海は穏やかですが、
港内を出た途端に船は大揺れ




僕はフェリーは子供の頃から
帰省の時は乗りましたし、
今もほぼ毎年乗りますが、
こんな揺れ方は初めてでした。




立っているのもバランスをとれないくらい
終始揺れます。cheeky長男も僕も出航して
すぐに船酔い・・・
※次男は終始元気いっぱい。




約16時間も船に乗るのに、食事もできず
景色もまともに見れず、
とにかく寝て過ごしました・・・。




そして何とか翌朝、無事小樽に着き、
そこから自宅に戻り、お盆休みは終了。
※僕はこの後仕事へ行きました。




とにかく色々な場所へ行って、
色々な物を食べて、いっぱい遊んだ
夏休みでした。



子供達もいい思い出になってくれれば
いいですが。僕は本当に疲れましたが
とても楽しいお盆休みでした。




まだ休みボケは完治していませんが、
ゆっくり楽しんだ分、今度は
仕事をがんばろうと思います。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム