現場の状況① 基礎編 │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2016/10/06

現場の状況① 基礎編

こんにちは。


1年ぶりに次男と
藻岩山に登った石川です。


↑ ロープウェイですけどね。


休みの日に、次男が
『久しぶりに山に行きたい
と言うので、行ってきました。



もう少し紅葉が進んでからが
いいのでは?とも思ったのですが、
とってもいい天気で、気持ちよかったです。smiley


↑ とってもいい天気だったよ。smiley


ですが高いところが苦手な石川。
片道たった5分程度のロープウェイ
も怖くて、汗びっしょりです・・・。




さてさて今回もN様の現場の紹介です。


前回の記事から、大工さんの
作業がスタートし、まずは
土台をひく工程です。

 


基礎に埋め込まれた
『アンカーボルト』という金物の上に
土台を置き、基礎と上物をつなげます。



 


土台から飛び出ているアンカーボルトは
『ホールダウン金物』という金物とつなぎ、
建物を動かないようにする役割です。


↑ こんな感じです。




そして土台の作業が終わると・・・

 
こんな感じです。



この後はこの基礎の部分に、
約500キロの炭を置いて、
床材(フローリング)を貼るための、
床下地の合板を貼ってフタをします。



↑ 当社は下の『剛床工法』です。




そして次回からは、クレーンを使っての
柱を立てていく作業です。
だんだんお家らしくなってきますよ。
 
 
 

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム