石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2019/03/11

PM2.5対策は『炭の家』(^^)

こんにちは。






最近『炭の家の効果で
安心している石川です。

 
↑ 冬の外観です。それぞれの〇は
  雪庇と次男です。





何に安心しているかというと
ズバリ『室内の空気環境』です。





『炭の家』の最大のメリットは
室内の空気がキレイな事です。
他にもにおいがなくなったり
マイナスイオンのバランスが良かったり
植物の育ちが良かったり





様々ないいことがあります。
その中でも空気がキレイというのは
とても大事な事だと思います。
下のデータを見て下さい。↓↓↓


 





少し見にくいかもしれませんが、
人が生涯で摂取する物質は、
空気が一番多いんです
当たり前すぎて、意外な感じがします。
ですがその通りですよね。





僕は車での移動の際はHBCラジオを
聞くことが多いのですが、
エアコンのCMのキャッチコピーも
上の表と同じことを言っています。






空気環境を考えるというのが広がっている
のを感じます。そして最近のニュースで
かなり自分事に感じたんです。





2月の終わりに札幌のPM2.5の濃度が
濃い日が数日ありましたよね。
街中がもやがかかってる感じでした。blush






中国とロシアの国境付近で起きた
火事がその原因の1つと言われました。
毎年もうすぐ降る黄砂もそうですよね。





そんな状況の中、外を歩くとなると
気管支等が弱い方などは、
マスクをしないといけない状況です。





外がそのような空気環境だと
室内はどうなるのでしょう???
今は新築住宅には24時間換気
義務付けられています。





24時間換気の定義は
『家全体の空気が2時間で1度入れ替わる
 程度の換気量をとること。』です。






新築住宅はこれをクリアする換気量で
換気計画をしなければなりません。
当社『炭の家』はこんな仕組みです。
HPのわかりやすい動画はこちらから


 





1階の床下に上の換気ユニットがあります。
この換気ユニットが外の空気を取り入れます。
ここにフィルターが2枚ついています。








1枚目のフィルターは砂やほこり、綿、小さな虫
などのごみを吸着するものです。上の写真の
黄色い丸です。これは月に1度掃除が必要です。
掃除機で吸ったり、水洗いも可能です。
お手入れはこれだけです。






そして2枚目のフィルターです。上の写真に
ありますが、こちらはかなり細かい目の
フィルターです。PM2.5も
80%から90%カットします。






このフィルターは約2年を目安に
交換をお願いしています。
これは1枚6500円です。






これらのフィルターのおかげで外の
汚れた空気もかなりキレイになります。
しかしそれでもまだ汚れは残っています。





そこで炭の出番です。フィルターで取りきれ
なかった細かいゴミを炭に吸着させます。
そのために床下に500キロ、
1,2階の間に500キロ
合わせて1トンの竹炭を置いています。
※最近は500キロの商品もあります。

 
↑ こんな感じで敷き詰められています。






こうして2枚のフィルターと炭の層を通って
キレイになった空気は各部屋の床から出てきます。
この機械は24時間動いているので、部屋には
常にキレイな空気が供給され続けます。






わかりやすく言うと
『家中が空気清浄機』なんです。
※ちなみに『炭の家』特許を
 取っていますが、その名称は
 『空気浄化式家屋なんです。


↑ 小さいですが特許証です。





簡単に説明しましたが、こんな仕組みで
炭の家は空気をキレイにしてます。





外の空気が汚れているのは、僕らが
どうにもできないものなので、
マスクをするくらいしかありません。





しかし外の空気が汚れているなら、
フィルターもなく空気を家に
取り入れていたらどうなるでしょう・・・。





というのを考えた時に、炭の家
安心したんです。我が家は今月末で
丸5年経ちますが、今も変わらず快適です。
そして家族全員、健康で元気です。





元々、全員元気な家族ですが、
炭の家のいい影響は少なからず、
あると思っています。





先日、お引渡しから1年半くらいになる
お客様から『長男のぜんそくが炭の家に
引っ越してから全然起きません。
と嬉しいお声もいただきました。






やはり炭は効果がある
と再確認できました。皆様、お家を検討の
際は空気の事もよく考えて下さいね。
 

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム