石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2019/10/06

正しい姿勢と運動の話(^^)

こんにちは。









先日、バスケ
日本代表のトレーナー
されてる方の講習を聞いた石川です。








あまり詳しくは書けないのですが、
我々バスケの指導者向けに、
北海道バスケットボール協会が
開いてくれた講習会です。










この日のテーマは正しい姿勢の話
姿勢が悪いと体の力を最大限発揮できず、
正しい姿勢ができないと、どんな競技でも
技術の習得がキチンとできないとのこと。









このことを我々参加者同士でストレッチや
体幹のメニューを実践しながら
正しい姿勢について学びました。









僕は姿勢が悪いのは実感していて、少しは
修正するように生活していましたが、
いざ実践してみると案の定、
体がキツイ・・・








ストレッチや体幹は自分が思ってる以上に
きつく、まっすぐなつもりの体は
想像以上に歪んでいます。cheeky
※悪い姿勢で慣れてる体は、正しい姿勢に修正
 しようとすると負荷がかかってしまうんです。
 姿勢がいい人はきつくないんだそうです。











当たり前の事ですが、理論に実践が加わると
説得力もありますし、納得できます。
ここで教わったことを早速、ミニバスの
練習で実践です。










ミニバスのメンバーでも姿勢の悪さが
気になってる子は何人もいたので
早速彼らをお手本に実験。

 
↑ 野次馬がいっぱい・・・。
  たまに楽しい事をすると、おだって
  全然話が進まなくなります。cheeky









上の写真の子は姿勢の悪さが直れば、数年後
すごい男になると我々コーチ陣が感じている
期待の星です。
※まだ1年未満の経験ですが、運動能力
 向上心は頼もしい限りです。










上の写真で頭の後ろから、黄色い線を
まっすぐ下におろしてます。
どうでしょうか?






背中と腰のあたりが曲がっていて、
お腹が引っ込んでる感じです。
※この写真では少し修正して座ってます。
 何も言わないと、もっと背中が曲がってます。









頭、背中、腰が一直線に揃ってる
のが理想です。しかしこの子に限らず、
最近の子供達は講師の方の想像以上に
姿勢が悪いそうです。









子供達でなく我々大人もですが、スマホを
いじったり、ニンテンドースイッチをする時の
姿勢は大体、腰や背中が曲がっています・・・。










前回の記事の写真でもそうです。↓↓↓

 
↑ ボールを使った腕立て伏せ。










この形は体幹トレーニングの
『プランク』という姿勢ですが、
緑の線を引いた子の体はどうでしょうか?








角度にもよりますが、
・お尻が極端に上がっている
・肩だけ上がっている
・腰だけ下がってる
などなど、まっすぐな子の方が少ない・・・。










この体幹トレーニングは頭肩腰が
一直線になる正しい形でやらないと
効果は少ないそうです。せっかく
キツイ思いをしてるのにもったいない・・・。









そして講師の方が話していたことで
他にも僕が響いたのは
『1:23の法則』という話。








講師の方が毎日1時間、こんな素晴らしい
トレーニングをしてくれても、
1日の残りの23時間でそれを本人が意識して
実践しないと、なかなか良くはなりませんよね。








僕の場合、そろそろ40歳になりますが、
5歳から姿勢が悪くなったと考えると
姿勢の悪さは35年ものです。










それがいい話を聞いて、少し実践したくらいで
劇的に良くなるなら誰も苦労しません。
日々直そうと意識して過ごさないと
改善はかなり難しいと思います。








ですが、それ以来何をするにも、いい姿勢を
意識するようになりました。子供達に偉そうに
語るんですから、自分もやらなきゃね。










姿勢が良くなれば運動能力も改善しますし、
きっと体調も良くなるはずです。
血流も良くなるでしょうから、肩こりや
40、50肩にもいい気がします。








確かにNBAの選手などの一流のアスリートで
姿勢が悪い人はいませんよね


↑ こちらは僕がNBAの選手で一番好きな
  カワイ・レナード選手のDFの様子。
  ボールに手を伸ばし、前のめりですが
  腰より上は一直線です。彼のDFは
  本当にカッコいい









そんなわけで、今では教えてもらった
ストレッチを練習に加え、練習中でも
子供達の姿勢を気をつけて見るようにして
『いつも意識してるか?
声をかけるようにしています。









子供達の姿勢の悪さはまだ数年もの。
我々大人よりもすぐに良くなるはず。
※貴重な姿勢のいい子は現状をキープです。










僕は今まであまり体幹やストレッチは
重視していませんでしたが、今回の
講習に参加して、考えが変わりました










なので、練習の最初のウォームアップの
メニューにストレッチや体幹を
取り入れています。すぐにバスケの技術には
つながらないかもしれませんが、
まずはとにかく土台造り









どんなにいいお家
基礎がしっかりしてなければ
建ちません。
ドリブル、パス、シュートの基礎の前に
動き方、体の使い方の基礎です。









早くこのブログで子供達や自分の
姿勢が良くなった成果
お伝えしたいものです。










いかがでしたか?これらの
ストレッチや体幹トレーニングは
自分では見えないので、誰かに
真横、後ろから見てもらうといいですよ。
皆さんもぜひ試してみて下さい。
 

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム