久しぶりのバスケ(^^♪ │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2020/03/20

久しぶりのバスケ(^^♪

こんにちは。







久しぶりにバスケをやった石川です。

 
↑ ようやく雪が解けました。
  次男も僕も半袖でした。








我が家の家の前の雪がようやくなくなりました。
上の写真のようにバスケをやるための
エリアはアスファルトが出てきました。








なので、休みのこの日は学校が休みの次男と
朝から外に出て、久しぶりのバスケ。
長男は分散登校だったので、学校から
帰ってきた午後にやりました。

 
↑ 学校へ向かう長男。








2月24日以来、実に3週間ぶりのバスケ。
ただでさえ、たいした実力もないのに
このブランクは痛い・・・。








少し動いただけで、すぐにヘトヘト・・・。
これではいけないと、次男と近所の
自販機までや家の周りを少し走りました
これもすぐにヘトヘト。








そして帰ってきた長男とも久しぶりに
1対1をやりましたが、二人共
5分程度やっただけでヘトヘト。








長男が上手になってきたのか?
僕が下手になっているのか?
それとも両方か?







このバスケができない期間にNBAなどの
動画はかなり見ましたが、
イメージトレーニングは限界がありますね。








コロナの影響で3月いっぱいはどこの
体育館も使用できなくなってしまいましたが、
僕も子供達もこのままではいけません。








体力はもちろんですが、技術も全然足りません。
それでも子供達はどんどん上達しますが、
僕は下手になる一方です。







もっともっと自分に厳しく、
自主練をしなきゃいけませんね。









そしてバスケの流れでもう少し
お話ししようと思います。








コロナの影響で退屈な子供達のために
最近よくGEOでDVDを借りています。









子供達のためとはいいながら、久しぶりに
自分も見たくなったので、アニメ版
『スラムダンクを借りました。

 
↑ 僕は圧倒的に『スラムダンク』が
  好きですが、次男は『黒子のバスケ








といってもスラムダンクは単行本で31巻あり、
アニメは22巻のあたりまであるので、
全部見るのは大変です・・・。
※最後の大会はアニメ化されていないんです。
 それでも今のヒマな子供達なら可能ですね。









なので、僕の一番好きなシーンが収録された
DVDの10巻を借りました。
※DVDはアニメの4話分収録されています。

 
↑ ちなみに僕の一番好きなシーンはこちら。
  ゴリ🦍こと赤木キャプテンが
  『負けてない‼!牧にだって
   オレは負けてないぞ‼
   俺は間違ってはいなかった。』
  と過去の自分を回想するシーン。
  単行本15巻参照。




 
↑ 原作だとこんな感じ。
  毎回泣きます
  以前もこのブログで語った気が・・・。
  ここだけじゃわからないですよね。







からの・・・。


↑ 『倒せ 赤木‼牧を倒してこい‼』
  観客席の赤木のライバル、魚住のエール。
  さらに泣きます。






↑ 原作だとこう。








スラムダンクを読んだことのない方や
興味のない方はごめんなさい。
けど今回は語っちゃいます。









スラムダンクは好きな人と話をすると
最後の試合の後半のシーンや
『安西先生・・・。バスケがしたいです。
のシーンが一番という方が多い。









しかし、私石川は上のシーンの試合、
単行本で言うと12巻から15巻の
『VS海南大付属』
圧倒的に好きです。DVDを見てても
ほとんど展開もセリフも覚えてます。









この試合の後半は名シーンの宝庫。
単行本の14巻、15巻です。
今回はここでの作者の天才っぷりを
名シーンとともに紹介します。

 
↑ 上の写真ですが、注目は画面。








主人公の桜木花道
『神奈川ナンバーワンを越えてやる‼』
と相手のキャプテンで名実ともに
神奈川№1の牧紳一に向かっていくシーンです。
※ちなみに主人公の桜木花道は元ヤンキーで
 バスケ歴はまだ3か月。神奈川県が舞台です。

 
↑ ちなみに原作はこんな感じ。
  右上が牧、右下が桜木です。
  この描写が神なのです。








どこがすごいのかというと・・・。
上のシーンをよ~く見て下さい。
わかりますか?








 
↑ よ~く見ると、四角で囲まれた二人の
  背景は白。他の四人の背景は黒。








僕もこれについてはネットで見て知りました。
作者の井上雄彦さんは語ってはいなかったはず。
なので考察の範囲ですが、
たぶん意図があるはず。








黒い背景の4人は『待て』『止まれ』
と言ってたり、桜木のチャレンジに対して
不安を感じているネガティブなイメージ。
※左上の海南の高頭監督は少し
 ニュアンスが違うと思いますが。








それに対し、白い背景の2人は・・・。







白黒に関わらず『行け
言っている仙道彰。これはたまりません。
※ちなみに仙道はライバルチーム陵南高校の
 スーパーエース。№1の牧にも匹敵する
 天才プレーヤー。一度、練習試合で対戦し
 彼は桜木の素質を高く評価しています。
 この仙道と№1の牧は大物感がすごい。








ちなみに私石川、この仙道はスラムダンクの
キャラでもかなり好きです。スラムダンクが
ジャンプで連載していた小学生時代、
キャラクター人気投票で仙道に投票しました。








チームメイトでさえ『待て!』『止まれ!』
と言っているのに他チームの選手が
桜木を信じて『行け』と言ってるのが
何ともかっこいい
※しかし、この次の次の試合、
 仙道は最大のライバルとして桜木達の
 前に立ちはだかります。







そしてもう一人は安西先生。安西先生も
桜木の資質、能力を高く評価し
期待しているうちの1人。


↑ こちらは物語の後半。
  ここぞというシーンではメガネの奥の
  優しい目が見えます。
  安西先生のような指導者になりたい。









上のシーンではセリフはないですが、
いつものように優しく微笑んでいます。
背景が白なので、きっと仙道と同じように
『行けと思ってるんでしょうね。
いや、思ってるんです







という考察を背景の白黒だけで
させてしまうなんて。元々好きだった
このシーンがますます好きになりました。
作者の井上雄彦さん、やはり天才です。








そんなこんなで、やはりスラムダンクは
永遠の名作です。
バスケが詳しくなくても気軽に読めるので、
こんな時期だからこそ
今まで読んでなかった人にも
読んでもらいたいです。








私石川、もちろん全31巻、所有してます。
いつでも貸し出しOKですので、ご興味の
ある方はお気軽にお申しつけ下さい。
 
 
 

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム