当社のアフター保証④ 地盤の保証 │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2020/06/06

当社のアフター保証④ 地盤の保証

こんにちは。







久しぶりに次男と近所を
ランニングした石川です。
 
↑ 西岡公園にて。







分散登校で登校が遅い時間だった次男が
お休みの日の僕に
『父さん走りに行こう
と声をかけてくれました。






家での筋トレ(腕立て、腹筋)は4月以降、
欠かさず毎日続いています
走りは近頃さぼってたので、天気もいいし
一緒に走ることにしました。






朝から20℃近くの晴天。smiley走るには
最高のコンディション。まずは近所の
住宅街をゆっくり走ります。






そして入社したての頃販売していた分譲地
『西岡公園パークヒルズへ。
※ここでは僕は2組お家を建ててもらってます。
 先日は散歩中のお客様と
 自宅前でバッタリお会いしました。






自然豊かなこの分譲地、もうすっかり
お家が立ち並びました。周りの
林からは朝からゼミやバッタの大合唱。






ここでは道に小さな黒い影が。
カナヘビでした。次男は
初めて見るカナヘビに大喜び。
僕も久しぶりに見ました。






この後は西岡公園でセミ探し。
そしてまたゆっくりランニング。
最後は坂ダッシュで帰宅。
帰宅後はバスケ。
※次男はシュート練習に対して、
 かなりやる気を見せてきました。
 『俺はカリーになる
 ※カリー選手は今のNBA(世界)の
  ナンバーワンシューターです。






とってもさわやかな午前でした。
やはり天気が良くて、暖かいのは
気持ちいいですね。smiley








さて、今回で4回目になった当社の
アフター保証のお話。
そろそろ終わると思います。
※けど大事な事なので語りたい






今回はお家と
地盤の保証についてです。
 
↑ こちらは当社のカタログより。







今回は地盤の保証についてお話します。
皆さんもお聞きになったことがある言葉
『地盤沈下』により、お家が
沈んでしまうのを防ぐためのものです。

 
↑ どちらも大変です。






お家が上のように沈んでしまわないように
軟弱な地盤の土地では
『杭打ち工事』『ベタ基礎』などの
地盤改良、補強工事をしなくてはなりません。







そこで当社ではこの地盤沈下に対して
20年保証をつけています。
※正確には地盤のプロフェッショナル
 『ジャパンホームシールド株式会社』
  (以下 JHSさんと略します。)
 が20年保証をしてくれます。







当社ではお家を建てる際は、
お客様の建築地で
必ず地盤調査をします
 
↑ 調査の方法はこんな感じ。以前、僕もこの
  作業を手作業でやったことがありますが、
  死ぬ目にあいました・・・。
  やっぱり機械は便利ですね。






当社はこの上の図のような
『スウェーデン式サウンディング試験』
という方法で地盤を調査します。
※この他にも
『スクリュードライバーサウンディング試験』
 という方法もあります。
 キン肉マン世代の私、この名前には
 ニヤッしてしまいます。






この地盤調査はお家を建てる位置で
お家の四隅と中心の
全部で5か所で行います。
 
↑ 当社のモデルハウスの例です。






この5か所の調査のデータをもとに
保証をしてくれるJHSさんが

『〇mの杭を〇本打って下さい。』
『杭はいらないですが、
 ベタ基礎にして下さい。』


など、施工に対しての指示をくれます。






なので、当社はその指示通りに施工します。
JHSさんは20年も保証してくれるので、
間違いのない指示をしてくれます。
※保証があっても、そもそも
 地盤沈下が起こらないのが一番です。






この施工方法のおかげで、一昨年の
『北海道胆振東部地震』
の際も地盤で大きな被害があった
お家はありませんでした。
※20年以上前の施工のお宅の2.3件で
 わずかな被害はあったとのことです。






いかがでしたか?今回は地盤の保証の
お話でした。お家造りに関しての記事で
また後日、もう少し掘り下げて
お話しもしたいなと思います。






保証のお話はまだ続きます。
お楽しみに。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム