ミニバス リーグ戦② │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2020/09/28

ミニバス リーグ戦②

こんにちは。





同じミニバスの試合でも
勝った時と負けた時では
子供達の顔が全然違う
と改めて感じる石川です。

↑ 嬉しい時はこんな顔かな。





全5試合のリーグ戦。前回までは
惜しい初戦、その後は完敗の2試合
合わせて3連敗の状況を紹介しました。





今回は残り2試合の紹介です。
残り2試合はどちらも前回の大会で
いい勝ち方ができた相手。
何とかリーグ戦、初勝利を目指します。





さあ、4試合目の試合開始です
相手は学年構成もわりと似た者同士。
うちは今まで相性よく戦えてます。





強豪が相手の際は最初からビビってしまい
力を出し切れず、ズルズルと
点を離されていく・・・
というのが、我がチームのダメなところ。





今回は気負いもない中、余裕を持っていいプレイを
してもらいたいもの。そこはキャプテンのS君。
ビビってしまった前の試合とはうって変わった
強気なプレイで、幸先よく先制です。





その後も次男の棚ぼた得点や2Q目の
期待の3年生Y君の大活躍もあり、
30-11の大量リードで後半戦へ。

↑ 次男の棚ぼたシュート。反対サイドの
  これまた期待の3年生O君ががんばって
  はじいたボールが次男のところへ。
  やっぱりリバウンドは大事。





後半戦はお互いにベストメンバーでの戦いです。
5年生や3年生に試合経験を積ませるため、
このQでリードを広げ、最終Qは
6年生を温存したいと考えている石川。





ここもキャプテンのS君ががんばり
さらにリードを広げて最終Qへ。
練習してきた速攻が少しずつ
決まるようになってきたのは成長です。





最終Qで24点リードは基本は安全圏です。
下級生の経験のため、6年生の二人は温存。
しかし5年生4人と我が家の次男の5人での戦いは
正直、24点リードでも不安です・・・。





そしてやはり不安は的中。6年生がいない
下級生軍団。ボールを運ぶのも危ういですし、
相手のエース④を全く止められません。





僕から見ればまだまだ頼りない6年生の二人も
今の下級生メンバーと比べれば
一回りも二回りも大きく見えます。





それでも6年生に頼らず戦うと決めたのです。
まだまだリードもあるし、ここは我慢。
5年生達の頑張りを信じます。





連続で失点して一気に流れをもって
いかれそうな場面でも、いいDFからの
速攻で流れを食い止めたり
何とかがんばりが見えました。





最終Qは6-15と9点縮められましたが、
最終的には48-33でついに
このリーグ戦の初勝利





みんなでがんばった勝利にどの子も
いい顔をしてました。試合中もいい流れの
時は、ベンチも総立ちで応援してます。





やはりどんな形であれ、勝つ事が子供達に
とっての自信につながります。
勝利だけを追い求めるというのは少し違いますが
やはり子供達は勝ちたいのです。この瞬間の
ために、子供達は苦しい練習をがんばれるのです。





そして体力は消耗していますが、この日は
このあともう1試合。今回のリーグ戦の
最終戦です。この相手は前回の大会で
主力の④⑦を欠いた影響もあり、
我がチームに番狂わせを起こされてます。cheeky
※④はうちのブロックのナンバーワンを
 争うほどの上手な子。彼がいれば
 このチームは優勝を狙えるチームです。





そして相手は今回のリーグ戦、全員揃って
全勝でこの最終戦に臨んでいます。
優勝候補の相手と体力を消耗した状態で
どれだけ戦えるか?さあ試合開始です

↑ 8か月ぶりに見る各チームの子は
  みんな大きくなってました。





問題の相手④はうちのキャプテンのS君が
マーク。S君は気持ちが乗った時は
相手の④にも決して負けない力を持って
いるのですが、この試合はどうか?





気持ちは乗ってました
彼のDFから『④に負けない
という気持ちが伝わるナイスDF。それが
他の子にも伝わり、チームがいい流れに。





そんな中、次男のナイスパスカットから
チームの元気印O君が速攻
シュートは外れましたが、ファールを
もらい、得意のフリースロー。
 
↑ まだまだ下手だけど、O君は強気で
  相手に向かっていくガッツがあります。
  彼も3年後はすごい選手になるはず。





これをO君が2本とも決め先制です
しかし優勝候補の相手は
上級生中心のチーム構成。
④を中心によくまとまっています。





④の個人技や④がDFをひきつけてからの
絶妙なパスでまわりもいい流れになり
じりじり離されていきます・・・。





この流れは④が不在の2Qも続き、
気づけば前半を終わって
7-32と大量にリードされました。





そして後半の3Qは相手は④抜き。
4Qは④以外は全員控えの構成・・・。
これだけ離されれば仕方ありません。





しかし、力を落とした構成のメンバーに
いいようにやられるわけにはいきません。
こっちも弱くたって意地はあります。





結果、後半戦は19対20とほぼ互角。
ですが、最終的には26対52と完敗。
前半のうちにもう少し粘って
離されないようにしなければなりません。





そんなわけで、久しぶりの公式戦は
1勝4敗と残念な結果でした。
それでも5試合もできたのはいい経験です。





この経験を次に生かさねばなりません。
次の6年生最後の大会まではあとわずか。
なのに、やらなきゃいけない事は山積みです。





最近は練習内容を考えたり、子供達の
モチベーションアップにはどう声かけするか?
などの試行錯誤で頭はパンク寸前です。
でも楽しみながらやってます。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム