ミニバス 6年生最後の大会へ │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2020/10/25

ミニバス 6年生最後の大会へ

こんにちは。





いよいよ最後の大会が目前に迫り
気合が入ってる石川
気合入ってる?と言いたい
我がミニバスチームです。

↑ キャプテンの決意表明です
  練習の際は壁に貼り、見えるようにします。
  ここでは気合が見えますが。






来週末はいよいよ6年生の最後の公式戦
『秋季大会』が予定されています。





今年の我がチームの6年生は僕がコーチを
はじめた直後に入団してきてくれた
2人です。この子達の代はこの3年間
全く増えも減りもせず、ずっとこの2人。





当時はマスコット的な2人
あっという間に4年近くが経ち
頼もしいリーダーに成長しました。

↑ まだまだリーダーシップを見せられる
  はずなのですが・・・。
  秋季大会前の気合は
  こんなもんじゃないぞ





キャプテンのS君はお父さん、お母さんも
バスケの経験者で、小さい頃から
バスケに関わっていたので、技術は
あるのですが、気持ちが弱い・・・。





試合中に泣き出すこともしばしば・・・。
下級生に負けても悔しさが見えない。
家庭の事情や体も弱い事もあり、
大変な時期もありました。





ですが最近は身長も伸び、試合でも
思い切ったプレイや周りを上手に使う
プレイなどもできるようになりました。
今では本当にチームの中心です。






副キャプテンのR君は下級生の頃から
チームのムードメーカー。ベンチでも
一所懸命声を出して、いつもみんなを
笑わせてくれました。





けど技術的には・・・。cheekyなかなか上達
しませんでしたが、コロナの自粛期間に
必死に自主練習を重ね、最近では
チームの得点源
にまで成長しました。

↑ 自粛期間は外で練習しました。
  彼は最近もずっと家でも地道に
  自主練習を続けていました。
  努力は嘘をつきません。





まだまだな2人ですが、それでも
4年間、我がチームを支えてくれました。
最近は試合で頼もしい姿も見せてくれます。





コロナの影響で4か月近くも
活動できなかったり、大会がいつもよりも
大幅に減ったり、激動の今年度のなかで、
めげずによくがんばりました。





そんな二人の集大成が今度の
『秋季大会です。
前回のリーグ戦で
シード権がとれなかったので
我がチームは1回戦から。
※いつもはリーグ戦なのですが、
 コロナの影響で試合数を減らす
 ことになり一発勝負
 トーナメント形式なんです。





初戦に勝っても次の相手はシードの
前回2位の相手
なかなか厳しい組み合わせです。





しかし、我々に次の試合の事を考えてる
余裕などありません。初戦の相手も
前回敗れている相手です。
※しかし僕は最後の大会で、
 このチームと戦いたい
 思ってました。なので珍しく
 ナイスクジ運です。





前回は6点差と僅差の敗戦でしたが、
こちらは初戦、相手はその日の2戦目と
相手の方が不利な状況にも関わらず
敗れているのです・・・。





なので、正直なところ初戦の相手も
7:3くらいの割合で我がチームが不利。
ですが、子供達が自分達の
持てる力を全て出し切れれば、
決して勝てない相手ではないのです。





なので最近の石川はこの相手の研究。
そして彼らに勝つために子供達には
日々の練習も試合だと思って
全力でがんばってもらってます。

↑ 我が家の長男と同級生の女の子。
  彼女は3年生のお姉ちゃん。
  弟やチームのために手伝いに来てくれます。
  本当に感謝しかありません。





この初戦に勝てるか?
どんな準備で試合に臨むか?これが
2人の6年生にも今後を担う後輩達にも
とても重要なものになるはず。





『秋季大会の模様も
試合が終わった後に
また報告させていただきます。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム