宅建士 登録へ │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2021/12/12

宅建士 登録へ

こんにちは。




無事試験には合格できましたが、
登録に四苦八苦の石川です・・・。
 
↑ 合格の時はこんな感じでしたが・・・。




今回、合格した宅建士の試験。
当然の事ながら、合格してすぐに
宅建士として業務ができるわけではありません。




業務に従事するためには、
まず合格地の知事に登録し、
『宅地建物取引士証』
交付を受けねばなりません。




その交付をうけるために準備する物が
まあ色々ありました。初めて見る
聞くものばっかりでした。




まずは誓約書。
 
↑ これは記名のみだったので、
  すぐに準備できました。




宅建士である以上、一般のルールはもちろん
『宅建業法』は遵守せねばなりません。
この書類はその誓約書です。




そして身分証明書。【身元】証明書。
 
↑ こちらは区役所で。



こちらは運転免許証等ではありません。
宅建士の登録を受ける人は
正常な判断ができる必要があり、
破産宣告をうけてる人も宅建士にはなれません。
僕が欠格条件じゃない事の証明です。
※良かった・・・。




さらに、登記されてないことの証明書。
 
↑ こちらは法務局で。




土地や建物は購入の際に登記をし、
間違いなく自分の物です
証明できるようにするのですが、
人に対しての登記とは




こちらも正常な判断がつかない状態等の
成年被後見人や被保佐人ではないですよ。
という事の正式な証明です。
※一応、僕は大丈夫なようです。




これらの書類の他にも住民票も用意し
登録証明書などを記入し、顔写真を用意し
37,000円の収入証紙も必要でした。
※この費用は会社で出してくれました。
 ありがとうございます。




これでようやく必要書類が届きました。
そしてこれらを持って道庁へ。
石狩振興局産業振興部建設指導課 指導審査係。




ここで担当の方に書類を提出し、
チェックをしていただいて、無事終了。
不備もなかったので、すぐに終わりました。
 




これで登録の手続きはOK。
あとは年明けに登録完了の通知が来たら
宅地建物取引士証の申請です。
※1か月から1か月半くらいかかるそうです。




正直、こんなに大変だとは思ってませんでした。
さすが国家資格試験の合格だけでなく
宅建士として欠格ではないか?の
チェックも厳正なんですね。




無事に終わって良かったです。
あとは登録完了のハガキが届くのを
のんびり待とうと思います。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム