フリースタイルバスケ │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2018/03/18

フリースタイルバスケ

こんにちは。



子供達と
バスケのクリニックに行った石川です。

 
↑ ジャージ以外の貴重な私服です・・・。



3月は卒業式などで体育館があまり使えず、
ミニバスの練習も、自分のバスケも
回数が少なく、運動不足です。



この日も、いつもなら夕方からミニバスの練習
なのですが、体育館は使えずお休み。
ならば武者修行



以前、長男が参加したことのある、
フリースタイルバスケの第一人者
『Whitea(ホワイティ)さん』
クリニックに親子で参加してみました。



このWhiteaさん、フリースタイルバスケの
パフォーマーとして世界レベルの方
レバンガ北海道ともプロ契約
してるそうです。



あまり聞き慣れないかもしれませんが、
このフリースタイルバスケ、通常のバスケと違い
1人でバスケットボールを操り、音楽に合わせて
テクニックを披露するといった感じです。



ドリブルとハンドリング(ボールの扱い)の
達人といったところでしょうか。レバンガの試合の
ハーフタイムショーなどが見せ場です。

 
↑ こちらはバスケを始めたばかりの人の
  ドリブル練習です。中学生の時に
  よくやりました。




 
↑ そしてこれはハンドリングの基本。
  上のように体を回したり、足の間を
  回したり、様々です。cheeky



このWhiteaさんが、ご自身の技術を生かし
子供達を集めて、これらのスキルを教えてくれる
のが、今回のクリニック。



僕はどちらも当時から下手でしたので、
今でも下手です。したがって子供達にも
大したことは教えられません・・・。



なので、少しでも指導に役立てればという想いと
背の低い長男にとっては、ドリブルこそが
生きる道。副キャプテンのR君と一緒に参加です。


↑ 真ん中の白いボールを持ってるのが
  『Whiteaさん。』イケメンでしたよ。



2時間ほどのクリニックは、4,50人の
小中学生が参加して、大賑わいでした。
長く通っている子も多いようで、
どの子もかなりのテクニックでした。



僕も次男がチョロチョロしないように
相手をしながら、様子をずっと見てましたが、
とても勉強になりました。


↑ ダメって言われたって
  チョロチョロするもんね~。



ドリブルやハンドリングを上達させるには
とにかく多くボールに触り、練習すること。
まずはこれにつきます。



そしてWhiteaさんがところどころで、
超絶テクニックを交えて、
実践しながらコツを教えてくれました。



このテクニックを見せられたら、
そりゃ子供達は惹きつけられますわ。
むしろ僕の方が惹きつけられました。



しかし、この日一番参考になったのは
これらの超絶テクニックではなく、
もっと一般的な事。僕でも知ってたことでした。
下の写真を見て下さい。↓↓↓
 
 



どんなにドリブルやハンドリングが上手でも
NGの写真の姿勢では、絶対にDFを抜けません。
膝が曲がらないことには何もできません。



DFを抜くためには、膝を曲げてOKの写真のように
シュート、パス、ドリブルと、どの動きにも
すぐにつなげられる姿勢にならなければなりません。



ここから一歩目を低く、力強く出せば、
抜けるんです。ドリブルの技術を最大限に
生かすための基本です。



世界レベルの達人でも、基本は大事。
Whiteaさんは、どの練習の時も
『この姿勢が大事だよ。
子供達に声をかけていました。



そんな子供達を見ていると、
上手な子は、やっぱりこれができています。
ウチの子供達は、まだまだできていません。



帰りの車でも、僕は二人に
『ほらね。Whiteaさんも父さんと同じ事
 言ってたじゃん。』とドヤ顔



子供達も他の上手な子供達と一緒に
バスケをして、まだまだだと感じたようです。
これでいいんです。



今下手なら、これからもっと上手になれば
いいんですから。練習あるのみ
積み重ねた練習量は絶対にプラスになります。



僕も刺激をうけ、早く他の子供達にも
このことを教えてあげたいです。
もう教えたい事ばかりで、何から教えていいのか?
試行錯誤の毎日です。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム