石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2018/12/17

消費税 増税対策

こんにちは。





最近よく買うお菓子が早くも
違うものになった石川です。

 
↑ 今はこれです





前回は明治のラムネ(大粒バージョン)
でしたが、今の流行りはこちらです。





グミも比較的好きなお菓子で、
たまに買うのですが、ブルボンの
『フェットチーネグミ』
は好きな商品です。





今回紹介する、もちふわバージョンは
過去最高傑作です。
今のところ味は、コーラ味のみのようです。





通常の物と何が違うかと言うと、
グミの周りが通常よりも多い量の
酸っぱいパウダーで包まれていて、
食感が文字通り『もちふわ』です。





この酸っぱさがたまりません。
一袋、あっという間に食べてしまいます。
早く違う味も販売してほしいものです。







さて先日、消費税の増税時の
マイホーム購入支援
内容がほぼ固まったという新聞記事が
あったので紹介しますね。





今までの増税対策は・・・。





『すまい給付金
もらえる金額が最大で30万円から
50万円にアップします。
※自分はいくらもらえるか?の
 簡単なシミュレーションは
 こちらから





収入や納税額によって、もらえる金額は
かわりますが、40万、50万もらえれば
増税分のカバーにはなりそうですね。






もう1点は住宅取得等資金贈与の特例です。
住宅取得等資金贈与の特例とは、
親や祖父母から住宅取得資金として
贈与を受けた場合、一定の金額が
非課税になるというもの。





今までのこの制度は最大1200万円までが
非課税でしたが、増税後2020年3月末までは
最大3000万円までが非課税になります。


↑ 上は表は現在と過去の金額。
  下の表は増税後の金額。
  年々金額は減っていきますね。





親御さんからマイホームの援助資金
たくさんもらえる羨ましい方は、
増税後にマイホームを建てる方が得です。






そして今回新聞に載っていた内容はこちら。

 
↑ 住宅関連は一番上の黄色い四角で
  囲まれている部分です。





住宅ローン控除をうけられる
期間が現行の10年から
13年に延びるというもの。





そもそも住宅ローン控除とは
対象となる期間の年末の住宅ローン残高の1%が
その年の所得税から最長10年間控除される
というものです。
詳しくはこちらから





今回は住宅ローン控除の詳しい説明は
しませんが、この3年延長は大きいですね。
場合によっては、この3年延長だけでも増税分を
余裕でカバーできる可能性もあります。
※ですが、これも期間限定。
 20年末までの入居者が対象とのこと。





実際、僕もこの時期は年末調整の際に
手続きをしてもらってますが、
この控除分でかなり助かってます。
※年末のお給料に反映されるのです。





いかがでしたか?
かなり簡単に説明しましたが、今回の
制度のおかげで、増税への不安は
少しはカバーできそうです。





我々、営業マンにご相談いただければ、
すまい給付金の額、住宅ローン控除の
詳しい説明などをさせていただきます。





お気軽にご相談下さいね。
お問い合わせはこちらから ↓↓↓

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム