石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2019/06/01

12年目の石川です。(^^)

こんにちは。






本日6月1日から、
勤続12年目に突入する石川です。







毎年感じますが、あっという間です。
長く勤められているのも、家族、お客様
同僚、業者さんなどなど、周りの方々の
支えによるものです。








本当にありがとうございます
今まで約110組のお客様にマイホーム
実現していただいてますが、今年も
一組でも多くのお客様に夢のマイホーム
快適に過ごしていただきたいです。








12年目の石川とホーム企画センターを
どうか引き続き、よろしくお願い致します。









そして、そんな石川の最近の様子です。
毎年恒例、農業を営まれてるニセコのM様の
お宅に訪問しアスパラを購入

 
↑ やはり旬の物は美味しい。







M様から購入するアスパラは、僕自身はもちろん
家族全員が楽しみにしています。子供達も
『うまっとたくさん食べます。
※実家の母も楽しみにしてくれてます。








ニセコへの旅は羊蹄山の景色

 
↑ こちらは喜茂別町のビューポイント。
  絶景です。









名水コーヒーや中山峠のあげイモ
楽しみの一つ。必ず買って食べます。

 
↑ 写真がひどい・・・。遠くに見えるのは
  羊蹄山。あげイモは袋の中。







そして今年は高校バスケ観戦
この時期は高校総体いわゆる
インターハイの札幌予選です。

 
↑ 会場はすごい熱気。smiley








高校バスケを観戦するのは数年ぶり。
数年前は友人の弟が出場していたので
応援に行きました。







今年は教え子
(というほど教えていません。)が
高校3年生になり最後の大会だったからです。
この子は長男が1年生の時の6年生。








ミニバス時代の1年間、長男をかわいがってくれ
中学生の頃は毎週月曜日の僕らのバスケにも
ずっと参加していた頑張り屋です。
※このブログを始めた頃の記事で、
 中学最後の大会の様子を紹介してます。







バスケもがんばりながら、高校も進学校に
進学し、勉強も部活も忙しくなったようで、
一緒にバスケをやる機会は
めっきり減りました。







ですが、彼のお母さんを通じ、今回が
高校最後の大会だというのを
思い出したので応援に行きました。

 








進学校ながら彼のチームはいいチーム。
1、2回戦を危なげなく勝ち進みました。
彼も得意の3ポイントシュートで
活躍しました。










彼のプレイをみるのは約2年ぶりですが、
本当に上手になりました
いつもミニバスを見てるせいか、
高校バスケのスピード、パワーには
驚きました。







自分の時のレベルとは雲泥の差ですね。
最近は技術も戦略も確立されてるので
子供達のレベルも高い







そして強いチームはどれだけ苦しい練習を
してきたか、基本的なプレイを見れば
すぐわかりますね。







うちのミニバスの子供達にも見習わせたい
と思う点がたくさんあり、刺激になりました。
うちのミニバスの子達にとっては
災難かもしれませんが。








彼のチームは3回戦でシード校にあたり敗戦。
彼の高校バスケは終わりました。
それでも札幌でベスト16というのは
立派な成績です。一生懸命プレイする
子供達の姿には感動しました。








そして会場を見回すと、知ってる顔がちらほら。
僕の指導しているミニバスチームのOBの子や
そのお母さん。同じブロックの指導者の方々。








ミニバスを巣立った子達もそれぞれ
中学、高校と次のカテゴリーで
がんばっているのです。









指導者としては、教え子たちがバスケを
続けてくれて、活躍してくれるのは
嬉しい限りですね。








中学、高校と先に進んでも役に立つような
基本をしっかりとミニバスのうちに
身につけさせたいものです。








結局バスケの話が長くなってしまいました。
そんな12年目の石川でした。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム