石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2019/09/18

当社、注文住宅用地のメリット(^O^) ④

こんにちは。







久しぶりにTV番組
『世界の何だコレミステリー』
を観て、興奮した石川です。

 
↑ 窓の光が反射してる・・・。









この日は2時間スペシャルで僕の大好きな
UMA(未確認生物)の特集があったのです。








今回特集されたUMAは、UMAファンには
おなじみ、カナダ・オカナガン湖の
巨大水棲獣『オゴポゴ』です。
※100年以上前から目撃例がある
 UMAでもメジャーどころ。
 私石川、小学生の頃から知ってます。









番組では現地の湖を水中カメラで取材したり、
各分野の学者さんに仮説を立ててもらったりと
なかなか力が入ってました。








ちなみにその『オゴポゴ』上の写真では
黄色い〇の中、水面からいくつもの
コブ?ひれ?が出ています。









一体どんな姿なのか?100年も前から
目撃されてるのに、いつもコブやひれ。
いつかひょっこり姿を見せてほしいものです。

 
↑ これは現地の湖畔にあるオブジェ。










僕がとんでもないお金持ちでヒマ人だったら、
間違いなくUMA研究家になってます。
湖の水を全部抜いて調査しようと思います。










さて今まで3回に渡って紹介してきた
当社、注文住宅用地のメリット
ですが、今回が最後の予定です。
前回の記事はこちらから









④の最後のテーマは
地盤調査済み
についてです。









通常、お家を建てる際には、お家の重み等で
お家が沈んだり、傾いたりしないように
地中の状況を調査し、それに応じた
工法で地盤の工事をします。









当社の土地は全て、あらかじめ、
この地盤調査をしてあります。


↑ 主な地盤調査の方法です。当社は一番上の
  SWS試験の機械式で調査してます。








その結果を見て、
杭を打つのか?
杭は打たず基礎の幅を広げるのか?
など、地盤の補強工事の内容を決めます。


↑ 地盤がいい場所はこのパターン。
  左は補強無し。地盤のかなりいい土地です。
  右は少し補強。基礎の底の部分の幅を広げて、
  地面を支える面を広くします。









↑ 地盤があまり良くない土地はこれらの工法。
  杭を打つという工事は3番です。










なので、当社の土地でお家を建築される場合は
最初の時点から、地盤の工事にいくらくらい
かかるのか?おおよその金額がわかります。
※構造計算の結果や間取りによっては
 若干の変更はあります。
 









地盤が悪く、深くまで杭を打たねばならない
土地は、その費用が当然かかります。
ですが、この金額は地盤調査をしない限り、
正確にはわかりません。










例えば、古家付きの土地を購入してお家を
建てる際は、古家が解体されて、名義が自分に
なってからじゃないと地盤調査ができません。
※今あるお家を建て替える方もそうです。








ですが、土地の購入には同時に
お家の工事請負契約も必要になります。
※この契約には地盤調査費用は
 概算でも大丈夫です。








しかし概算で計算してた地盤改良費用が
想定以上にかかる
となると、予定が狂いますよね。
※多めに想定していて、少なくなったなら
 まだOKですよね。








・融資の増額の申し込み。
・自己資金の追加入金。
・追加分の費用を捻出するための
 間取りやオプションの見直し。

こんな面倒なことが起こるかもしれません。









僕も当社の土地以外で検討されるお客様も
いらっしゃるので、この場合は当該地のすぐ
近くの地盤のデータを取り寄せ、
少し余裕をみて、費用を計上します。
※予想以上に地盤費用が高かった。
 ということはほとんどないですが。









ですが、最初からある程度正確な予算組みが
できるほうが安心ですよね。
これも当社の土地であるゆえの
お客様の安心感につながると思います。









いかがでしたか?4回にわたって、
当社の注文住宅用地のメリット
お伝えさせていただきました。









皆さんが当社の土地で100%決めていただくのは
色々な条件があるので、難しいとは思います。
ですが、ご検討の際には当社の土地も
ご検討いただくと、より安心いただけますよ。









※札幌市全域、近郊で常時土地も仕入れ中です。
 先日も人気の豊平区平岸で3区画
 購入しました。HPでご確認下さいね。
 詳細はお問合せ下さい。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム