石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2019/10/15

北区 新モデルハウス完成(^O^)/

こんにちは。







にわかに
ラグビー熱が高まっている
石川家です。

 
↑ 次男は『俺、バスケの次にラグビーが好き。
  とのこと。すっかり影響されてます。








上の写真は先日のラグビーW杯の
日本VSサモア戦の日。家に帰ると次男が
ラグビーボールを持って現れました。








本物のボールではなく、柔らかい素材の
子供用?のボールで、この日の昼間
ゼビオで買ってきたそうです。










そしてTVではまさに試合が行われてるのに
試合はそっちのけで、息子達はベッドで
トライを量産してました。
好きなわりに試合は全然観ません。









いつまで続く盛り上がりなのか?
なぜ勝手に盛り上がっているのか?
次男のよくわからないラグビー熱です。smiley









僕は試合を見るたびにラグビーが
おもしろくなってます。
※まだルールもわかっていませんが。
日本代表にはまだまだ
上を目指してほしいものですね。
がんばれ!日本!!!











さて今回も新しいモデルハウス
紹介しますね。場所は
『北区新琴似7条15丁目』です。

 
↑ 外観です。今回の外壁はいつもと違います。
  それについては改めて紹介する予定です。











近隣の施設等はこんな感じ ↓↓↓

 
↑ 見にくければHPでお願いします・・・。










そして間取りはこんな感じ。 ↓↓↓ 

 









南東向きsmileyの約53坪の土地に
約32坪の4LDKの間取りです。
コーディネートについては
ニコママ林さんに任せて
今回は間取りについてお話しますね。











この間取りは土地が南東向きなので、
建物を奥に下げて、
日当たりのいいsmiley前面
駐車スペースと庭にしています。









同時に明るくしたいリビングも日当たりのいい
前面側に配置しています。この間取りでは
午前が特に明るいリビングです。smiley









そしてこの間取りの特徴は4LDKですが、
部屋が2階に4部屋ある4LDKです。
よくあるのは下の間取りのような
1階に1部屋、2階に3部屋の4LDK。

 
↑ 1階の洋室A 4.5帖の部屋のことです。










今回の新琴似7条15丁目は土地の広さが
約53坪あるので問題はないですが、
最近はもっと小さい土地で建築することも
増えてきています。









小さい土地ですと建ぺい率というルールに
ひっかかってしまったり、日当たりが
十分にとれないsadこともあり、1階の洋室が
作れない場合もでてきます。










そしてこの2つの間取り、1,2階を
合わせた面積がそれぞれ同じだとしても、
2階4部屋の間取りの方が
金額は安くなります








安くなる主な要因としては、
①基礎のコンクリートの量が減る。
②屋根の工事がシンプルになる。


この2点があります。











建物の1階部分は地面に埋めて家を支える
基礎と呼ばれますが、この部分は
コンクリートで作られます。

 
↑ 黄色い四角の部分が基礎です。この基礎は
  地面にもかなり埋まってるんですよ。










そして基礎より上の部分は
木造の場合は木
鉄骨造の場合は鉄で、
ブロック造の場合はブロックで
コンクリート造(RCとも言います)
の場合はコンクリートで作られます。
※それぞれもっと細かく分けられますが、
 複雑になるのでこれくらいで。









①については木材よりもコンクリートの方が
値段が高いので、基礎の部分が減れば値段は
下がりますし、多ければ値段は上がります。










よく『平屋の家は高い
僕もお客様から言われますが、
これが原因の1つです。










お家の値段を下げるにはお家を小さくする。
そして可能なら1階を小さくする方が
効果は大です。











いかがでしたか?
②の説明もしようと思ったのですが、
長くなりそうなので次回に続きます。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム