住宅ローン減税(^^) │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2020/01/29

住宅ローン減税(^^)

こんにちは。








進路や将来に悩む長男に
本をプレゼントした石川です。
※漫画とバスケ以外の本も
 たまに読むんですよ。


↑ この本は僕が人生で1,2を争うほど
  影響を受けた本です。








ホーム企画センターに入社する前の24,5歳の時に
著者の『中村文昭さん』の講演会で
お話を聞いて一瞬でファンになり、
すかさず買ったんです。









この人のおかげで自分はかなり
ポジティブな思考になれた
と思ってます。









本の中身は、三重県の田舎で育った中村さんが
高校卒業後、やりたいことを探し上京。
そこで出会った師匠と野菜の行商などをし
故郷の三重でウエディングレストランを
開業するまでのドタバタ劇。
※この師匠という方もすごい人。








夢のレストランの開業資金の2億円を
借りるために三重の高額納税者に
順番で直接頼みに行き、72人目で
援助を受けられた話。などなど。








こんな漫画みたいな、ぶっ飛んだ
エピソードがてんこ盛りの内容です。








やると決めたら
絶対にあきらめない姿勢
お客様を感動させる気遣い
などなどが面白おかしく語られています。








中学生でも簡単に読める内容ですし、
勉強していい大学に進学し、
いい会社に就職する。
という事だけがいい人生じゃない








というのを悩める青少年に伝えるには
ピッタリの教材です。
※実際に中村さんは
 引きこもりの子供を何人も部屋から
 外の世界へとび出させてます。









最近は2月の学年末テストに向けて
心を入れ替え、毎日塾に行ってる長男。
勉強を頑張るのはもちろん賛成だけど、
この本を読んで、でっかい男になってくれ










さて今回は
お家を建てた、購入した方々への
最大の特典
『住宅ローン減税
についてお話します。








最近の石川は昨年お引渡しをさせていただいた
お客様にこの『住宅ローン減税』の
手続きについて説明にまわっています。










さてこの『住宅ローン減税』
住宅借入等特別控除とも言います。
この仕組みの歴史は古く
1978年からあるそうです。
※僕の1こ上。









簡単にお話しすると返済期間が10年以上の
住宅ローンを借りて、住宅を取得した場合に
年末の住宅ローンの残高の1%を限度に
その年納めた税金から還付される制度です。









もっと簡単にお話しすると
10年間お金が戻るんです
※所得税で控除しきれない分は
 住民税も控除されます。








固定資産税などのお支払いは
10年間はこれをあてにしましょう
と聞いたことありませんか?









さらに今は消費税増税の対策として、
消費税が10%でお家を購入した方々は
令和2年12月31日までに入居すれば、
この住宅ローン減税はなんと
13年間受けられることになります。
うらやましすぎる。










具体的にいくら戻ってくるの?
と聞かれると、ご収入、ご家族の数等により
各家庭で違ってくるので、
個別にご相談に乗りますよ。
※詳しくお話を聞きたい方は一番下の
 フォームからお問合せ下さい。









この住宅ローン減税の手続きは
お引渡しの年の翌年から手続きができます。
手続きはお住まいの管轄の税務署に
必要書類を持っていって行います。


↑ これも必要書類の一部。
  各銀行から送られてきます。









この時に必要なものは色々ありますが、
中でも『登記簿謄本』がややこしい。cheeky
我々にとっては日常的な言葉ですが、
お客様にとっては聞き慣れない言葉です。


↑ 我が家の土地の登記簿謄本です。
  住所と借り入れ金額だけは隠しました。








当社ではこの手続きのためにお引渡し後に
この登記簿謄本はお客様に
原本をお渡ししてます








その際に
『年明けの手続きで必要なんです。』と
説明しますが、ハッキリ覚えている方は
まれです。そりゃそうです。









この登記簿謄本は法務局で入手しますが、
取り入れは我々にとっては日常的な
作業ですが、慣れないお客様にとっては
手間のかかる作業です。








なのでお客様の手元に原本があるのは
ウチの会社、ナイス気遣い










なので、直接お伺いして
必要な持ち物について説明すると
『あー。あの時言ってたね。
と思い出してもらえます。










書類をそろえていただければ、あとは
税務署へGO。税務署の係の人の
言う通りにすれば終わりです。









ですがここで大事なのは、この手続きを
いつするかです。2月に入ると一般の事業者の
方々の確定申告の手続きもはじまります。









特に3月15日の締め切りに近づくほど、
各税務署は激混み・・・
駐車場の列がとんでもないことに。










なので、手続きは早いうちか
3月15日を過ぎてからがおススメ。
空いてる時なら、すぐに終わります。
※この手続きは締切が3月15日
 というわけではないので。
 それでも税務署の方は『7月か8月
 くらいまでには終わらせておくと
 いいよ。』とのことでした。


 
 
 




この手続きを税務署でするのは
最初の1回だけ。2年目以降は
お勤め先に書類を提出して
年末調整をしてもらえばOK。
12月のお給料でお金が戻ってきます。









いかがでしたか?
簡単に説明しましたが、
住宅を建築、購入するうえで
一番お得なこの制度









マイホームを建築、購入をご検討の際は
銀行の支払いだけではなく
この制度で戻ってくるお金も計算し
資金計画を検討してはいかがですか?
※もっと詳しくお聞きになりたい方は
 下記までお問合せ下さい。
 ご都合に合わせて、直接ご説明しますよ。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム