ミニバス 半年ぶりの試合(^O^) │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2020/09/01

ミニバス 半年ぶりの試合(^O^)

こんにちは。






実に半年ぶりに
試合に臨んだ
我がミニバスチームです。

↑ この感じ。久しぶりです。





新型コロナの影響で2月の末から6月いっぱいまで
活動は自粛していた我がミニバス少年団。
7月から活動は再開していましたが、
対外試合は2月末以来です。





活動自粛の間に本来行う予定だった大会が
いくつも中止になり、最後の年の6年生達が
かわいそうな思いをしていました。





そんな6年生達のためにミニバス連盟が
きたえーるを会場
大会を開催してくれました。
その大会に先日、5.6年生だけで参加しました。
※コロナの感染防止のため、参加人数も応援の
 親兄弟も最小限で行われました。





試合も感染防止の観点から、時間も通常の半分。
そのほか、ハイタッチや円陣の禁止。
コーチも大きな声の指示やミーティングも
密にならないようにと色々制限が・・・。
※それも仕方ありません。大会ができるだけ
 嬉しいですし、この会場から感染者を
 出すわけにもいかないでしょうし。





ちなみに私石川は仕事のため、この試合の
指揮はもう一人のコーチにお願いして、
僕は夜DVDでの観戦です。





さあどうだったかというと・・・。





結果は1勝1敗
1試合目は10対50
ボコボコにされました。





相手のスーパーエースの④一人に
30点以上とられました・・・。
④は体格もよく、スピードもあるので
ウチの子達はすっかりビビってました。





ここ最近練習してきたDFの練習も
④のような1人では守れない選手をみんなで
守るためのものなのに、彼との接触にビビり
④の進む道を空けてしまってました。

↑ ④にシュートに持ち込まれてるのに
  反対サイドの選手は
  突っ立って見てるだけ。
  この脱力感とても試合中の
  選手には見えません。





もう一つ練習してきた速攻も、
ヘナヘナな弱いパスを簡単にカットされ、
逆に速攻をくらいます。
この試合は相手との実力差があったので、
なかなかいい場面がありませんでした。

↑ それでもシュートは上手でした。





気を取り直して、2戦目。
今度の相手は見たところ似たような感じ。
いい勝負になりそうです。

↑ 2試合とも我がチームは
  白ユニフォームです。





いざ試合がはじまると、やはり
一進一退の攻防。前半はウチの子達の方が
集中してたようで11-6とリードします。





しかし、このくらいのリードでは全く安心
できないのは我がチーム。一気に引き離せそうな
場面もありましたが、その大事な場面で
簡単なミスや気が抜ける・・・。





もったいない話です・・・。
この辺は相変わらず我がチーム、
自分の指導の課題です。





気づけば2点差まで追いつかれますが、
命からがら逃げ切り、最終スコアは
16対14。何とか勝てました。

↑ 練習してきた速攻。





内容的には良くない部分の方が多かったですが、
久しぶりの試合で何とか1つは
勝てて良かったです





今回は直接見られませんでしたが、
子供達は勝っても負けても、
試合の時は生き生きしてます
そりゃあ試合の方が楽しいに決まってます。





まだコロナは終息する様子もない中、
今後いつまた活動を自粛することになっても
おかしくない状況は続きます。





日々の練習や試合ができるのは
色んな方々の助けがあってのことで、
決して当たり前ではありません。





子供達も我々指導者もそれを忘れずに、
感謝の気持ちを持って、毎回真剣に
取り組まねばならないと感じました。





今後も予定されている大会が、
予定通り行われると信じて、
それに向けて、また練習していきます。
 
 
 
 
 

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム