お引渡し後のお客様宅訪問(^^♪ │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2020/09/19

お引渡し後のお客様宅訪問(^^♪

こんにちは。





先月お引渡しをしたお客様から
かわいいお菓子
いただいた
石川です。
 
↑ ハロウィンのデザインの
  本のような形の箱からは・・・。






 
↑ 焼き菓子たちが出てきました。





こちらはモデルハウス(建売)を
8月にお引渡しさせていただいた
K様からいただきました。
ありがとうございます。





この日は書類をお返しする清算の作業で
お伺いしました。ただそれだけのつもりが
『色々ご迷惑かけましたけど、
 良くしてくれてありがとうございます。』と。
※いえいえ迷惑なんて
 全くかかってません。





まだお引っ越しから時間もそこまで
経っていなかったので
『ようやく新しいお家にも慣れてきましたし
 少し片付いてきました。』とK様。





最初は注文住宅志望だったご主人も
『いい家だ。って
昨日も言ってました。と奥様。
とっても嬉しいお言葉です。





快適に住んでいただいていて何よりです。
どうか今後ともよろしくお願い致します。







今回は最近お引き渡しをさせていただいた
お客様をもう一件紹介しますよ。
こちらは7月のお引渡しのK様。
※K様のお家をご紹介した
 ブログ記事はこちらから





お引渡しをさせていただき2か月ほど
経ちますが、先日奥様からLINEを
いただきました。





『居間とトイレのドアがスムーズに
 閉まらないのと、電話台の下の扉が
 何度ネジをしめても取れてしまいます。
とのことでした。





今回はお引き渡しからまだ間もないので
アフターの担当ではなく、
工事担当の中川氏が対応してくれます。
今回は僕もそこに同席しました。

↑ 工事部の中川氏です。





中川氏と二人で早速拝見すると
居間やトイレのドアはおそらく木材の収縮の
影響で狂いがでたものと思われます。





これは新築してから
2年程度は起こる現象です。
なので、中川氏がドアの金具を調整してくれて
すぐに直りました。

↑ リビングのドアも元通り。





あとは電話台の扉です。
上の写真で中川氏が見てくれてましたが、
すっかり部材がとれてしまっていました。

↑ 部材が剥がれて、下地が見えてます。





これは完全に商品の不具合です。
僕はこの状況は初めて見ました。
こちらは中川氏がメーカーに手配を
してくれて、扉の交換になります。





これで問題は全て解決
するとK様が『せっかく来てくれたので
いくつか聞いてもいいですか?』とのこと。
もちろんOKです




1つは『最近寒くなってきましたが、
ストーブってどうやってつけるんでしたっけ?』
お引渡し時に全て説明はしますが、7月に
暖房の説明を聞いてもピンときませんよね。
 
↑ なので、中川氏から
  再度、暖房の使い方講座。





もう1つは『炭の家のフィルターって
どうやってお手入れするんでしたっけ?』
とのことでしたので、こちらも中川氏。

↑ 2枚のフィルターのお手入れと交換頻度を
  再度説明させていただきました。





そんなこんなで中川氏が全て解決してくれて
一件落着。K様も安心してくれました。





当社ではお引渡し後は
半年、1年、2年
点検をさせていただいています。





ですが、何か困った事やわからない事があれば
点検の時期を待たずとも、いつでも
ご連絡をいただければと思います。
すぐに対応しますので。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム