リクシルさん オンラインセミナー③ │ 石川レポートWeb版 スタッフブログ │ 札幌の新築一戸建て注文住宅 不動産土地のホーム企画センター

石川レポート web版

石川レポートWeb版 スタッフブログ 当社の情報発信リーダー・石川が、炭の家のあんなこと、プライベートのこんなことを綴ります。

2022/07/22

リクシルさん オンラインセミナー③

こんにちは。



庭での収穫物が
食卓に出始めた石川家です。
 
↑ ラベンダーはもう終わりですね。



我が家の庭は義理の母がせっせと手入れして
や野菜🍅を育てています。
今年はイチゴ、トマト、トウモロコシ
ズッキーニなどが元気に育ってます。smiley



先日、食卓にでてきたのはズッキーニ。
 
↑ こんな風に育つんですね。



個人的にはキュウリは嫌いで、瓜系の物は
あんまり好きではありません。これから
収穫のトマトは長男の好物なので長男へ。



自分が食べそうなのはトウモロコシくらいですが
みんなが食べれるほど育ってくれるのか?
ここ最近は天気も悪かったので、日照不足
ではないでしょうか?でも収穫に期待します。






さてさて。リクシルさんのセミナーからの
お話は今回で3回目です。
 
↑ いただいたカタログです。



初回はカーポートについて。
2回目はウッドデッキについてお話しましたが
今回はウッドデッキの話をもう少し。
 
↑ ウッドショックの影響を感じる
  アンケート結果です。



前回、全国的にハウスメーカーさんは
新築の提案時に約30%はウッドデッキも
ご提案しているというお話をしました。



ウッドデッキは木製だと塗料の塗り替えなどの
メンテナンスが定期的に必要です。
対して人工木のデッキは木製よりも
メンテナンスの手間が少ないのが
人気の秘密ではないでしょうか?



塗料の塗り替え等のメンテナンスも
DIYが得意で、それが楽しいんです。
という方には木製がおススメですね。



他にも今回のセミナーでリクシルさんが
新しい商品を紹介してくれました。
 
↑ ウッドデッキのカタログから。



この『デッキDC』コンセプトは
『木のように快適 木よりも丈夫。』



天然木のウッドデッキはメンテナンスの
手間はありますが、熱く感じにくい
という特徴があるそう。たしかに木は
ある程度の断熱性能があります。



ウッドデッキは一般的には、日当たりのいいsmiley
南面に設置されるでしょうから、最近のような
猛暑の日は人工木のウッドデッキは
かなりの熱をもつようです・・・。smileysmiley



しかし、この『デッキDC』
デッキの表面を独自の工夫で
熱さを感じにくくしているそうです。
 
↑ サーモグラフィ画像もついてました。



天気のいい日smileyにウッドデッキで
色々楽しみたいのに、そのデッキが熱くて
触ってられないなら、何のために設置するのか
わからないですよね。



そして天然木のような雰囲気で
デザイン的にもマイホームにマッチするように
デザインも独自の工夫をしている
『デッキDS』という商品もあるそうです。
 
↑ たしかにダークな色合いで高級感があります。
  人工木のウッドデッキでは、
  見た事のない色味です。



う~ん。人工木のウッドデッキでも
こんなに色々こだわりがあるんですね。
とっても勉強になりました。



まだまだエクステリアの勉強も必要です。
またおもしろい商品があれば
紹介したいなと思います。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム