石川レポート web版 /最新一覧 8ページ目

石川レポートWeb版。当社の営業担当石川が、スミノイエの情報や家づくりのこと、プライベートのできごとを綴ります。

2023/09/16

北星しんきんさん 住宅ローン『オアシス』

こんにちは。



約3か月
こちらで楽しんだ
石川です。↓↓↓
 



僕の好きな池井戸潤さんの作品の
ドラマ化『ハヤブサ消防団』
先日、ついに最終回でした。



小説家の主人公が東京を離れ
幼少期に育った田舎へ移住。
そんなのどかな田舎
隼地区で次々と起こる
不可解な放火事件。🔥



その放火事件から、のどかな田舎に
不穏な空気が漂いはじめます。cheeky
主人公が活動する
ハヤブサ消防団の面々は
放火事件を解決できるのか?
愛する隼地区の平和を守れるのか?



ストーリーはこんな感じでしょうか?
1から4話くらいまでは録画して
休みの日にのんびり観ていました
中盤からは毎週、次回が気になって
気になって仕方なくなるほど
のめりこみました。



先日の最終回は全9話で
本当にちゃんと完結するのか?
と少し心配しましたが
納得の最終回でした。
※未回収の伏線はあったかな?



とっても面白かったので
機会があれば小説も
読んでみようと思います。





さて。前回まで
住信SBIネット銀行さんの
住宅ローンがこの度
50年払いができます
 
↑ 住信SBIさんのチラシの一部です。



というお話をして、次回は
50年払いが得なのか?どうなのか?
を検証します。と告知しておりましたが
まだ検証できてないので
今日は別のお話です。



お盆あたりに会社のデスクに
見慣れないチラシが。
 
↑ それがこちら。



失礼ながら初耳の信金さんで
『北星信用金庫』さんの
『オアシス』という住宅ローン。



会社のデスクだけではなく
豊平のマイホームセンターの
モデルハウスにも
同じチラシがあったので
積極的に来てくれてるようです。



この北星信金さん、本店は
名寄なんですね。最近、色んな
信金さんが住宅ローンは
力を入れてる印象はあります。



なぜこのチラシと北星信金さんを
紹介しようと思ったか?
それはこちら。↓↓↓
 
↑ 上のチラシの一部の拡大です。🔍



最初にチラシを見たときは
すっかり見落としてましたが
SBIさんの50年払いの話を
聞いた後、改めて見てみると
『最長50年』と真ん中に
記載があるではありませんか。



50年払いはSBIさんとフラット35の
フラット50くらいしか聞いたことがない
とお話しましたが、北星信金さんも
8月から持ってきてくれてました。



となると、各銀行さんも
今後続々と50年払いが
導入されるような気はします。



35年が40年になり、そこから
45年ではなく、一気に50年。
50年払いについての検証
急がねばなりませんね。
50年払いのお話、続きます。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2023/09/13

バスケ ワールドカップ 決勝戦

こんにちは。



バスケワールドカップの決勝戦に
めちゃくちゃ興奮した
石川です。
 
↑ ドイツの優勝が決まった時の様子。



いや~。今回のワールドカップバスケ。
日本代表の活躍はもちろん
盛り上がりましたが
決勝戦もしびれましたね。



NBAのスターが中心の
アメリカとカナダの決勝戦を予想し
それがどちらも負けて、決勝戦が
ドイツVSセルビアに決まった時は
正直、地味で残念な気持ちでした。
※両チームの皆さん
 大変失礼しました。



ですが、いざ観てみると
とんでもなく素晴らしい試合



両チーム、あのDFの強度の中で
前半のシュート確率は驚きです。
やはり日本と世界トップの差は
シュート確率だと感じます。



特にNBAでも活躍するセルビアの
ボグダノビッチ選手のシュートは
神がかってました。



お互い譲らず
47対47の同点で後半へ。
後半、両チームのDFへの意識が
さらに上がります。



そして前半あれだけ決まっていた
セルビアのシュートが全く入らない・・・。
日本の最終戦のカーボベルデ戦の
4Qを見てるかのようでした。
※流れを失うと何をやっても
 全くうまくいかない時間帯が
 あるんですよね・・・。



ドイツ側としては
DFがうまくいき、失点を防げると
自然とOFの流れも良くなり
シュートも入ります。



ドイツはシュート率、個人技、高さ
全てのバランスが良かったですね。
OFの連携やリバウンドの強さが
特に素晴らしかったです。



3Qは22-10。69‐57で最終Qへ。
流れは完全にドイツに傾きました。
流れが悪く12点差を追いかける
苦しい展開のセルビア。



そんなチームをOFでDFで
一気に救ったのがセルビアの
アブラモビッチ選手。
 



『エースキラー』の異名を持つ
アブラモビッチ選手。ものすごい
DF力でドイツのエース
シュルーダー選手を徹底マーク。



後に調べたところ、アブラモビッチ選手
決勝戦に臨むにあたり、マークする
シュルーダー選手を2日間かけて
徹底的に研究したそうです。



そして相手のエース相手にあれだけ
タフなDFをした後、休まず
OFでは華麗なユーロステップや3P。
フリースローも確実でした。



セルビアの試合は
決勝戦しか見れませんでしたが
アブラモビッチ選手のプレイを
もっと見てみたくなりました。



しかし、そんな彼を上回る
圧倒的なパフォーマンスを
見せたのはドイツのエース
シュルーダー選手
 



最終的には優勝したドイツ。
大会MVPもその立役者の
シュルーダー選手。



優勝を決めた最後の1プレイはしびれました。
抜群のクイックネスからゴール下へ侵入。
相手のブロックを反対の手で
ブロックしつつのレイアップ。
※マークするアブラモビッチ選手も
 疲れ果ててた感じがありました。



185㎝の身長ながら、NBAで
8シーズンプレイし、その間ずっと
2桁の平均得点をあげている選手が
どれほどすごいのかというのがわかる
圧巻の存在感でした。
※ダンクのシーンでも軽々と
 跳んでる感じ。すごいバネ。



最終的には83‐77でしたが
残り1分半くらいには一時は
3点差まで縮まったので
最後まで目が離せない
素晴らしい試合でした。



こんな素晴らしい試合を
民法で生中継をしてくれた
TV朝日さんはグッジョブ。



そして皆さん忘れていませんか?
今大会、我らが日本代表の初戦の相手は
この優勝チームのドイツだったんですよ。



63‐81の完敗でありましたが、
優勝したチーム相手に
全く歯が立たない・・・。
という内容の試合ではなかったはず。



ということは、
来年のパリオリンピックも
期待できそうですよね。



いや~。本当に熱かった
今回のバスケワールドカップ。
このバスケ熱を一時的なもので
終わらせないようにしたいですね。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2023/09/10

住宅ローン ついに50年払いも

こんにちは。



自宅に新しいゴールが届き
家でも自主練を張り切ってる
次男です。
 
↑ ダンクは禁止です。



自宅のドアに取り付けられる
小さなバスケットゴール。
今回で3つ目の購入です。



次男もだんだん身長が伸び、ジャンプ力も
アップしてきたので、この高さなら
張り切ってダンクシュートがさく裂



前回の2個目は次男やまさかの長男、
そしてミニバスの仲間達が
さく裂させたダンクのせいで
ボードが割れ、根元から
リングがとれちゃいました。frown



というわけで、今回は
ダンクシュート禁止なのです。
ダンク以外の練習を室内で
しっかりやってもらいます。





さて。今回は前回の続き。
ネット銀行の
『住信SBI銀行』さんの
住宅ローンの紹介です。
 
↑ 実際のチラシです。



前回はネット銀行ですが、チラシの右上
『ファミリーライフサービス』さんが
手続きの代行をしてくれることに
なったので、ネットが苦手な方でも
手続きは安心です。というお話をしました。



そして今回は住信SBIさん
またもネット銀行初の
試みを持ってきてくれました。
それは・・・。↓↓↓
 
↑ こちらも実際のチラシ。



何とお支払い年数が
40年から一気に50年払いへ
一気に10年アップ



こちら完済年齢が80歳未満なので
50年まるまる借り入れができるのは
29歳以下の方になります。
※50年借り入れができない方は
 49年、48年と年齢に対して
 刻んでいく形になります。



各金融機関、40年払いがだいぶ
当たり前になってきましたが
50年払いはネット銀行どころか
フラット35のフラット50以外
初めて聞きました。



フラット50は金利が高く設定されてるため
20台前半くらいの年齢の方じゃないと
あまりメリットがなく、今まで
ご提案はあまりしてませんでした。



今回のSBIさんの50年払いは
金利も変動金利の
0.47%(2023年8月)の
低金利で設定されています。
 



さあ。この50年借り入れ。
これから借り入れをされる方にとって
損なのか?得なのか?



ちなみにファミリーライフサービスさんに
詳しくお話を聞いたところ
『8月上旬から販売してますが
お問い合わせも多く、すでに数件
事前審査をいただいてますよ。
とお盆前の8月10日頃に教えてくれました。



次回、詳しく検証してみたいと思います。
お楽しみに。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2023/09/07

住信SBI銀行さん 手続き代理

こんにちは。



会社のブログなのに
7月31日以来一度も
仕事に関わる記事を
作っていなかった石川です。



お盆休み、ミニバス
ワールドカップなどなど
バスケの話ばっかり・・・。



さすがに反省したので
今回は住宅ローンのお話。
紹介するのはネット銀行の
『住信SBIネット銀行』さん。
 
↑ 実際のチラシです。



ネット銀行は僕のお客様では
まだ一組。そのお客様は今回紹介する
住信SBIネット銀行で借入されました。



アナログ人間の石川としては
ネット銀行は少し抵抗があったのですが
そんなこと言っていては
この世の中で生きていけません。



しかし、そんなアナログ人間の石川に朗報。
こちらの住信SBIネット銀行、少し前から
手続きを手伝ってくれる業者さんが。



フラット35のローンでいつもお世話になってる
『ファミリーライフサービス』さんが
住信SBI銀行の窓口として、ネットではなく
対面で内容の説明や書類の記入、手続きも
全てサポートしてくれます。



これならお客様も安心だと思います。
我々も助かっています。
※ネット系に強い方は問題ありませんが。



そんな住信SBI銀行さん。
 
↑ チラシの一部です。



とにかく金利が低い
変動金利で0.32%。
10年固定も0.99%。
さすがにネット銀行ならでは。
※ネットならではの低金利なのに
 手続きの代行ができるようになって
 金利には影響ないんですかね?



変動金利の金利の低さは
ネット銀行がトップクラスですね。
そして今回、住信SBIさんがまた
ネット銀行初の試み
やってくれました



こちらは次回に続きます。
お楽しみに

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2023/09/04

今、バスケが熱い!!!(^^♪②

こんにちは。



まだまだ
バスケ熱が続いてほしい
石川です。



日本中がバスケに沸いた
バスケワールドカップ
日本代表、
アジア1位、そして
パリオリンピックの出場
おめでとうございます



前回の記事は予選リーグの3試合に
ついて語りましたが、今回は
その後の順位決定リーグの2試合。
ベネズエラ、カーボベルデ戦と
どちらも最高でしたね。



どちらの試合も
まさに漫画やドラマのような展開。
ベネズエラ戦は先週も日本中が
熱狂したフィンランド戦と
同じような展開で残り8分からの
大逆転劇。



この大逆転劇も主役は
チーム最年長の比江島選手
 
↑ 写真はフィンランド戦。



最終4Qの残り8分で最大18点
ビハインド・・・。僕も正直少し
あきらめかけた時、選手達は
誰一人としてあきらめてなかった。



そこから比江島選手の
神がかった連続3P。3、4本目は
見ていて外れる気がしませんでした。
ゾーンに入るってやつですね。



そして流れは一気に日本へ。ただ
残り1分半で河村選手が3Pを決めて
5点差に引き離した直後に、すぐさま
3Pを決めて2点差に引き戻した
ベネズエラの選手には脱帽です。



この3Pで一瞬、寒気がしました
一度引き寄せた流れを日本代表は
逃がしませんでした。



そして最終的には86‐77
主力が2人欠場で前日からの連戦で
疲れもあったであろうベネズエラ代表。
高さも日本より低く、不利な状況ながらも
ランキング17位の強さを見せてくれました。
両チーム素晴らしかったです



そして日本代表の今大会の最終戦。
アジア1位とオリンピックの出場権を
かけた運命の一戦。



相手は世界ランキングでは
64位のカーボベルデ。
今大会の参加国の中で
ランキングは最下位。



しかし、1次リーグでは
日本が大逆転で勝った
ベネズエラにカーボベルデも
81‐75で勝っています。



そんなカーボベルデの大黒柱
タバレス選手は何と身長が
221㎝以前はNBAでもプレイ
していたそうです。
※コートで並ぶと日本の208㎝の
 ホーキンソン選手よりも
 さらに一回りでかい。
 
↑ 背は高いうえに手も長い・・・。
  ゴール付近に彼がいるだけで
  攻守でメリットが大きい。



というわけで、ランキングが
下だからといって楽に勝たせてくれる
わけはありません。
ですが、絶対に勝たねばならない試合です。



とはいえ日本代表に油断などは1ミリも
なかったはずです。



そして前半は1Qは2点リードされたものの
2Qは自慢の3Pが爆発。富永選手の
3Pの確率は100%でした。
 
↑ これまでの相手にはかなり警戒され
  ボールも持たせてもらえないほど
  徹底マークを受けてました。
  しかし、今後の日本代表は彼や
  河村選手などの若い選手が
  チームを引っ張っていくはず。



最高の展開で前半は50‐37
今大会、初めてリードして折り返し。
3Qもその流れは続き73‐55
さらに点差は広がり最終Qへ。



ですが何でしょう???18点リード
しているのに、安心できない感じ。
もっとリードできた感じも
あったのですが。



そうです。この感じ。
日本が大逆転してきた
フィンランド戦、ベネズエラ戦の
逆のイメージ。じわじわ追い上げられ
前半あれだけうまくいってたことが
全くうまくいかない・・・。



これ意外とバスケあるあるです。
まだ7年程度のコーチ歴の僕でも
我がミニバスチームの試合で
嫌というほど味わってます。



ですが、スポーツの世界では
どの競技でもありますよね。



ですが、こんな時にチームを
誰が勇気づけるのか?
立ち直らせるのか?
 
↑ 個人的には今大会の日本チームの
  MVP ジョシュ・ホーキンソン選手。
 



ホーキンソン選手は渡邊選手とともに
この試合40分のフル出場
近年のバスケでフル出場というのは
ほとんど聞きません。



しかもこの試合ホーキンソン選手は
221㎝のタバレス選手とゴール下で
戦い続け、DF、リバウンドでも
体を張り、しかも速攻の際には
最前線を走り、さらに3Pも決めてくる。



この記事を書きながら、ホーキンソン選手の
チームのための献身的なプレイを思い出し
ちょっとウルっとしてます。



この試合ももう少しで逆転されそうな
危うい場面で魂のこもったリバウンド。
そして勝利を決定づけた
バスケットカウントと3P。最高でした。
※ホーキンソン選手はシュートがうまい。
 フリースローも安心して見てられます。



今大会、歴史的な成績をあげた日本代表。
2月に日本に帰化して代表入りした
ホーキンソン選手の存在なくして
この快挙はなかったのではと思います。



TVの実況のアナウンサーも叫んでましたが
ホーキンソン選手が
『日本にいてくれて良かった



本当に素晴らしい大会でした。
会場が日本のホームコートだったのも
歴史的快挙の要因でもありましたね。
会場の盛り上がりもすごかった。
※日本代表の試合は終わりましたが
 上位リーグはここからスタート。
 アメリカやカナダなどの強豪の
 試合もTVで見れるのかな???



さあ。今度は来年の夏の
パリオリンピックです。
オリンピックはワールドカップよりも
12チームと出場枠が少ないので
おそらく対戦相手はすべて格上。



今大会以上に厳しい戦いが
予想されます。しかし、今よりも
もっとパワーアップした日本代表が
来年パリで今大会のような戦いを見せて
くれるのでは?という期待もあります。



河村選手や富永選手はまだまだ
伸びしろたっぷりですし、八村選手が
加わればチーム力は飛躍的に上がります。



楽しみしかない今後の日本バスケ。
今大会の余韻ががまだまだ残ってるうちに
バスケのすばらしさを色んな方に
伝えたいと思ってます。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2023/09/01

今、バスケが熱い!!!(^^♪

こんにちは。



日本が
バスケで盛り上がってる
この状況がとっても嬉しい
石川です。

↑ 子供達も盛り上がってます。



連日メディアでも大きく取り上げられてる
バスケワールドカップ。
※この記事を作ってるのは
 8月31日の昼間なので
 夜にはベネズエラとの試合です。💪



普段の生活の中で
『日本のバスケすごいね。』と
声をかけられることも多くなりました。



なので、その流れに乗って
今回のワールドカップについて
語っちゃいますね。
※大した事は言えませんが。




まずは初戦のドイツ戦。
実力差もあったと思いますが
初戦ならではの固さもあったのか、
力が出し切れてない感じもありました。cheeky
※しかし、ドイツの選手の個人技、
 パワーなどをよく見ると
 NBAの選手は世界のトップの
 選手たちが集まってるナンバーワンの
 リーグなのだと改めて感じました。



加えて、相手の高さ、フィジカルの面で
ゲームを支配されてしまいました。
もっと泥臭く、必死にチームで守る
意識が必要だったと感じました。



続く第2戦のフィンランド。
NBAのオールスターにも選ばれた
マルカネン選手を擁する強豪。
ですが、この試合が今の盛り上がりの
要因ですよね。
 
↑ 最終的に彼は
  27得点12リバウンドの大活躍。
  僕はかなり注目して動きを見てましたが
  213㎝とは思えないスピードと
  しなやかさ。シュートも上手い。



立ち上がりの1Qは日本のDFから
本当に必死さを感じました。泥臭くても
全員が体を張って守ってましたね。
ドイツ戦でできなかったことを
トムホーバスHCが早速
修正したのだと思いました。



そんな1Qは相手をたった15点に抑える
気迫のこもったDF。素晴らしかったです。
ですが、これをあと3Q分も続けねば
勝てないのか。と考えると、見てるこっちも
体力が削られそうです・・・。



そして2Q。やはりマルカネン選手を中心に
高さを生かしたプレイに加えて
相手の3Pがまあ入る・・・。
じりじり点差は離れていきます。



しかし、前半のチームを救ったのは
チーム最年長のベテラン
比江島選手でした。
 
↑ ベテランはやはり頼りになる。



1Qはファールを受けながら3Pを決める
4点プレイを決め、2Qでも独特の
『比江島ステップを武器に
するするとゴール付近に入っていき
フリースローを獲得してました。



191㎝の比江島選手。我々一般人からすれば
大男ですが、ファインランドのメンバーと
比べれば小柄。それでもテクニックと
シュート力で身長差をカバー。
※子供達にも見習わせたい。



比江島選手の活躍もあり、なんとか
10点差で後半に臨みます。しかし
後半も相手の3Pは好調ですし
マルカネン選手は簡単には止まらない。



10点ではじまった点差は詰まるどころか
最大18点差まで広がり、正直なところ
がんばったけど、ここからズルズル
離されるのかな。と3Qの後半は
少しウトウトしてました。



ですが、3Qの終わりに大歓声で
ふと気が付けば、富永選手、馬場選手の
連続3Pで10点差。最高の流れで
最終4Qを迎えてるではないですか。



10点の点差があるとはいえ、流れは
間違いなく日本。3Pが確率よく決まれば
まだまだいけます。



そしてこの後は皆さんご存じの通り
河村勇輝選手の大活躍
逆転した際のバスケットカウントや
マルカネン選手のマークをかいくぐって
決めた3Pは圧巻でした。
 
↑ 身長差は約40㎝。縦や横に鋭く動き
  相手のマークを外し、さらに
  ブロックされないように
  シュートのアーチも高い。



172㎝の河村選手が世界で戦うために
血のにじむような努力をしてるのを
感じられたプレイでした。



執念の大逆転勝利の立役者の河村選手は
大きく報道されてますが、もう一人
忘れてならないのは
ジョシュ・ホーキンソン選手。

↑ まさに日本の大黒柱。



個人的には圧倒的にこの試合のMVPです。
なんと37分の出場で28得点19リバウンド。
37分の出場はほぼフル出場
※2番目の渡邊選手は29分の出場。



そして19リバウンドなんて
最近めったに聞かない数字です。
最近のNBAのリバウンド王の
シーズン平均のリバウンド数は
約14本前後。本当にすごい。



大男ばかりのゴール下で
ホーキンソン選手がどれだけ
体を張ってがんばったか。
しかもそれを1試合通してです。



しかし、このフィンランド戦の勝利は
河村選手、ホーキンソン選手の活躍
なくしてはありえませんが、間違いなく
日本代表全員でつかんだものです。
※試合後のインタビューでは
 渡邊選手、声が枯れてましたね。
 コートに立っていない時も
 チームを鼓舞し続けた証拠です。
 こんなところも子供達に見習わせたい。



まさにワンチーム。本当に素晴らしい
日本のバスケの歴史が変わった
と言ってもいい勝利でした。



次のオーストラリア戦は
世界ランク3位の強さを
見せつけられましたが
手も足も出なかったか?
と言われればそうとは思いません。



来年のパリオリンピックまでに
その差は埋まるか?と言われれば
まだ時間は足りないと思いますが
日本にはまだ八村選手がいます。
※八村選手は今大会はNBAのシーズンに
 集中するため不参加でした。



そして、河村選手の世代やもう少し
若い世代の有力選手は将来NBAを目指し
どんどん世界に飛び出しています。



国内のBリーグにとどまらず、選手たちが
海外の色々なリーグに挑戦していくのが
今後の日本バスケのレベルアップに
つながっていくはずです。
※Bリーグのレベルアップも
 もちろん必須ですね。



日本のバスケの未来は明るい
そのさらなる足掛かりとして
今回のワールドカップで
アジア1位になり、パリオリンピックの
出場権を獲得するのは必須。



あと2試合。
対ベネズエラ、対カーボベルデの試合
みんなで応援しましょう

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2023/08/29

ミニバス 夏の様子(^^)②

こんにちは。



引き続き、チームの人数が
最高を更新し続けている
我がミニバスチームです。




現在の在籍数はなんと39名
人数が多いのは嬉しいですが
体育館が狭いし、コーチの目が
行き届かなくなるという問題も。
※何とか考えながら解消します。



学年の内訳は・・・。

6年生 14名
5年生 8名
4年生 4名
3年生 8名
2年生 4名
1年生 1名

現在も先日体験にきた1年生が
入団に前向きのようですし、
ワールドカップ効果
体験の問い合わせもちょくちょく来ます。

↑ この記事を作成してるのは
  日本のワールドカップ2戦目の
  フィンランド戦の直前。
  NBAのオールスターにも選ばれた
  マルカネン選手をどう止めるか?



1年前には2名しかいなかった
5年生が一気に5人増えたのは大きい。
来年もいい戦いができそうです。



本当にどの子も元気いっぱいで
『バスケ楽しい
みんな体育館に来るのを
楽しみにしてくれてるのが何より。



強いチームで全道大会の常連。
のようなチームにも
もちろんしたいですが
一番はバスケを好きになってくれること。



卒業まで最後まで続けてもらい
中学、高校、大学、社会人と
ずっと続けてくれれば最高です
※八村、渡邊選手に続いて
 我がチームからNBA選手が
 出るのが夢です。



そんな我がチーム、8月は上旬に
予定していた強豪との練習試合が
延期になってしまい、お盆明けまで
試合がありませんでした。



ですが567月と土日祝のほとんどが
試合という過密スケジュールだったので
リフレッシュの意味も含めて
お盆休みは長めにしました。
※家族の予定もバスケ以外も
 あるでしょうからね。
 
↑ 休みの間も各自に
  自主練習の課題を出しました。



大体いつもお盆休み明けは
体力も技術も低下してますが
今回は違いました。



休み明けの練習で、見違えるほど
ドリブルやシュートの技術が
向上してる子が何人も。
 


コツコツ努力をし続けるのは
本当に大事なことだと実感。
いかに子供達のモチベーションを
上げるか?が大事ですね。



8月の下旬からはブロックのリーグ戦。
9月の下旬には7月に試合をした
北見のチームや8月上旬に延期に
なった強豪チームとの再戦。



そして11月には6年生
最後の公式戦
秋季大会があります。



いよいよ次男を中心にした
6年生達の集大成
我が家のミニバスも
いよいよ最後の半年です。



悔いが残らぬように
そして目標の
全道大会への出場
夢が叶うように
子供達も大人達もみんなで
がんばっていきます
どうか応援よろしくお願い致します。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2023/08/26

ミニバス 夏の様子(^^)

こんにちは。



暑い中でも
元気に練習している
我がミニバスチームの子供達です。
 
↑ さすがに8月24日から26日は
  熱中症アラートの影響で
  活動はお休みでした。smiley



春季大会で惜しくも全道大会の出場は
逃してしまった我がチーム。
しかし、前を向いて次の
秋季大会へ向けて再始動です。



そして7月の中旬は
GWにコテンパンにされた札幌の
1.2を争うチームとの再戦と
北見地区の強豪チームとの練習試合。
 
↑ 中央の⑮の彼は札幌地区でも
  身長も実力もトップクラス。
  このチームは彼と同じ身長の子が
  もう一人います。



GWにコテンパンされたこのチーム
その時は2試合やって
25‐6721‐59。と
完膚なきまでにやられました。



GWの時点で7月に再度試合してくれるのが
決まっていたので、子供達とは
『7月にはまだ勝てないかもしれない。
 それでもまずは差を20点差以内に。』
と目標を決めて、再戦に臨みました。



そんな今回は・・・。
27ー5017‐83
1試合目は目標に近づけましたが
2試合目はさらにコテンパンに。



この日は北見の強豪チームとも連戦。
41‐4824‐62
1試合目は互角。2試合目はコテンパン。
 
↑ このチーム。試合前のパフォーマンスが
  かっこよかった。



北見のチームはどの子もスピードがすごい。
少しでも気を抜けば、あっという間に
攻め込まれてます。



全道大会には出場できませんでしたが
この2チームとの試合は、全道大会に
匹敵する貴重な経験です。



我がチームも良い時は、北見のチームと
互角に戦えるのに、ダメなときは
コテンパンにされる。この辺の
ムラが最大の課題です。



そして7月は翌週も試合と
今年は久しぶりの合宿です。smiley
 
↑ こちらの施設は
  青少年体験活動支援施設の
  『ネイパル砂川』



今回の合宿は砂川で一泊し
北空知の3チームと練習試合。
 
↑ 新十津川の体育館が会場。



札幌地区のチームとは、普段練習試合も
やりますが、地区が変われば試合の
機会も少なく、初見でどんな戦い方を
していくのか?の見極めや分析も
コーチングの大事なポイントです。



暑かったですが、2日間で4試合をこなし
子供達もたくさん経験が積めました。
怪我人が多かったので、来年を担う
5年生達が経験を積めたのも好材料です。



バスケの合宿とはいえ、せっかくの
泊りイベントは子供達にも
楽しんでもらいたい。
というわけで・・・。
 
↑ 夜は近所を散策。池でカエルを
  捕まえたり、ホタルを見たり。
  楽しそうにしてました。



そんなこんなで7月は
毎週のように試合で
あっという間に過ぎてきました。
8月の様子は次回に続きます。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2023/08/23

お盆休みの様子(^^♪②

こんにちは。



お盆休みは実家でのんびりのつもりが
ハードスケジュールだった
石川です。
 
↑ お墓参りの際も
  アマガエルを捕まえて
  おおはしゃぎ。



前日、約450キロの道のりを走った私
さすがに疲労は抜けていませんが
この日はお昼から、僕の弟も合流し
お墓参り。弟は新潟で暮らしてます。



昼からお墓参りで、奥さんは仕事の都合で
この日の夜の飛行機で札幌へ帰ります。
それまでお土産を買ったりなんだりで
2日目もあっという間に過ぎました。

↑ お昼ご飯のリクエストは
  なぜか牛タン。



そして3日目。この日は朝から
越後湯沢へ向けて出発です。
というのも、弟の会社が越後湯沢の
リゾートマンションの一室を社員の
福利厚生として所有してるらしく
そこに格安の社員価格で泊まれるとのこと。



今回はお言葉に甘えて、そこで一泊
させていただくスケジュール。
それまではあてもなく、気になった
場所に立ち寄りながら進みます。



この日の気温はなんと39度・・・。smiley
新潟の中部、長岡市やここで立ち寄った
小千谷市は新潟でも暑いエリアだそう。
朝から札幌とは、けた違いの暑さ・・・。
サウナにいるような息苦しささえ感じます。
 
↑ 風も全くなく、たまに吹いても
  全く涼しくありません。
  車のエアコンも常に最強です。



しかし、『暑い暑いsmiley』言いながらも
子供達も僕も元気。半袖、半ズボン、サンダル
の姿なら、けっこう耐えられます。


そんな暑さの中、ここ小千谷市で
錦鯉の繁殖施設を見学。
 
↑ 鯉に餌をあげる体験です。


最近はここ新潟の錦鯉は
海外でもかなりの人気のようで
とんでもない値段がつくそうです。



上の写真を見ていただいても分かるように
色んな柄、模様の鯉がたくさん。
生産者の方々がとっても大事に
育てているのが伝わりました。



そしてこの後も、ラジオで
北海高校のがんばりを聞きながら
越後湯沢に向けて南下。
そしてついに目的地へ到着。
 
↑ ガーラ湯沢駅。
​  土日祝日は夏場も
  スキーが楽しめるそうです。



越後湯沢は一大スキーリゾートの町で
町のあちこちの山がスキー場に
なっており、JR駅を降りたらすぐ
ゲレンデを登るロープウェイがあったり
ホテルがゲレンデに直通のところも。
 
↑ 泊まらせてもらったリゾートマンションも
  4階がゲレンデに直通。スキー好きには
  たまらないでしょうね。



先ほどのガーラ湯沢駅はスキーリゾートで
次の越後湯沢駅はスキー場の他にも
温泉街や飲食店、お土産店が充実。
晩ご飯はそこでラーメンを食べました。
 
↑ こちらは隣町南魚沼町の
  ご当地ラーメンの
  酒粕味噌ラーメン



このラーメンについては
別のラーメン好きの記事で
改めて紹介しますね。



そしてここ越後湯沢や隣町の
南魚沼町はお米の名産地。
 
↑ というわけで、
  お酒とおつまみを買って
  部屋で酒盛りです。



そんなこんなで3日目もあっという間に
過ぎていきました。



そして4日目。世の中は台風7号の影響で
交通の乱れが生じてました・・・。cheeky
帰りのフェリーは予定通りに出港するのか?
※被害に遭った皆様、本当に
 お見舞い申し上げます。



心配はありますが、天気の事は
自分ではどうにもならないので
予報を見ながら楽しみます。
 
↑ この日は気温も涼しい。sad



まずは宿泊した場所からすぐにある
釣り堀で子供達が釣りにチャレンジ。
ニジマス、ヤマメ、イワナがいる池で
一人4匹を目指してチャレンジです。



次男がニジマス、ヤマメはすぐに
釣りましたが、イワナは手強かった。
そして釣った魚達はその場で塩焼きに。
 
↑ みんなで食べました。



ニジマスやヤマメは
清田区の真栄に釣り堀があり、
長男が小さい頃行った記憶が。
3種類とも一通り食べましたが
どれも癖がなく、美味しかった。
※北海道にイワナはいないですよね



そして新潟へ向けて出発。
途中、日本三大花火大会で有名な
長岡市で、その花火にちなんだ
道の駅が新しくできたとのことで
そこへ寄ってみることに。
 
↑ 朝の越後湯沢は涼しかったですが
  この時点での長岡市は39度。smileysmiley



こちらの道の駅、お土産屋さんや
フードコートなども充実してますが
長岡花火ミュージアムは花火の歴史や
作り方、種類などの展示があり
とても良かったです。



映画館のようなシアタールームでは
実際の花火大会の様子が、
大型スクリーンでかなりの臨場感で
見られるそうです。🎆



今回はスクリーンも満席で
観れませんでしたが
いつか実際の長岡まつりの
花火大会も観に行ってみたいものです。



そしてここからは実家に向けて出発。
弟は翌日の早朝から仕事とのことで
実家に到着してお別れ。



そして今回の滞在の最後の夕食は
僕のたっての希望で
新潟のご当地メニュー。
 
↑ 近所のスーパーで購入しました。



左は最近少しづつメジャーになってきた
たれかつ丼。新潟生まれ、新潟育ちの
母が家で作るかつ丼は昔から
このたれかつ丼でした。
※僕にとっては普通のこのかつ丼は
 学生時代、我が家に遊びに来て
 初めて見た友達は驚いてましたね。
 僕は今でもたれかつ丼の方が好きです。



右はみかづきさんの『イタリアン』
こちらは昭和35年からあるそうで
『ちょっと変わった焼きそば始めました』
というキャッチフレーズで誕生し
今では新潟のソウルフードです。



味は説明しにくいのですが
塩?醤油?味の焼きそばに
トマトソースがかかってます。
お肉もあまり入ってなく
ヘルシーな感じです。



僕は新潟での生活は生まれてから
小学校に入学するまでと、大人になり
2年ほど住んでた程度なんですが
帰省するとなんだか無性に
食べたくなるんですよね。



そんなこんなで、今回の帰省も
あっという間に過ぎました。
心配していた台風も北に向かって
ゆっくり進んでいますが
フェリーは予定通り出港とのこと。
 



『台風の影響で船体が
 揺れることが予想されます。』

という恐怖のアナウンスがあり
酔い止めの薬を3人で飲んでいざ乗船。



以前の帰省で同じような状況があったのですが
その時は新潟湾の港内を出た途端に激揺れ。cheeky
立ってるどころか、寝ていても気持ちが
悪くなるくらい揺れる船に
16時間も乗ってなければならない
恐怖がよみがえります。



しかし、今回はそんな心配をよそに
船は全く揺れませんでした。
天候が落ち着いたのか?最近のフェリーの
性能がアップしたのか?理由は
わかりませんが、揺れなければ
何の問題もありません。



船ではのんびり過ごし
無事に翌朝、小樽港に到着し
無事に帰宅。快適な船旅でした。



そんなこんなで5日間のお休みは
ハードスケジュールでしたが
4年ぶりの帰省を楽しめました。
また来年も家族で帰省したいものです。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム

2023/08/20

お盆休みの様子(^^♪①

こんにちは。




4年ぶりに実家の
新潟に帰省した
石川です。



8月11日の仕事終わりに
翌日0時20分発
函館‐青森行のフェリーに
乗るために札幌を出発。



下道をひたすら走り
今回の最初の目的地
『ラッキーピエロ』さんへ。
 
↑ 家族全員、初ラッキーピエロです。



ラッキーピエロさん、お店も
たくさんあって、夜も遅くまで
開いているんですね。到着は
21時頃でしたが、混んでました。
 



今回は家族それぞれ
人気№1のチャイニーズチキンバーガーと
人気№2のラッキーエッグバーガーを
食べました。どっちもボリュームもあり
とっても美味しかった。



ここから出港まで少し時間があったので
五稜郭に行ってみましたが
時間的に中には入れず
外回りを車で回っただけ。



そしていよいよ出港です。
青森まで約4時間の短い船旅です。
しっかり睡眠をとって、翌日の
長距離運転に備えたいところですが
全く寝られず・・・。



ですが、無事本州に上陸。
 
↑ こちら青森港から割と近くでしたが
  朝5時に施設が開いているわけもなく
  記念撮影のみ。



ここから今回の旅のメインイベント
次男のたっての希望で盛岡の
『わんこそば』
食べに行きます。



わんこそばは7年ほど前に
同じように新潟への帰省の際に
自分と長男はチャレンジしましたが
当時の次男はまだまだチビだったので
あまり記憶もないようです。
 
↑ 当時の写真です。
  石川は102杯。長男は77杯の記録。



我々のイメージでは、わんこそばは
盛岡へ行けばどこでも食べれそうですが
お盆ということもあり、意外と食べられる
お店は少ないようです。



今回も7年前と同じお店に連絡したところ
お盆は予約をやってなく、開店前に
並んで整理券をとるシステムだそう。
『9時くらいにはお店に来てもらえれば
確実だと思います』と店員さん。



というわけで、急いで盛岡を目指します。
途中、八甲田山や十和田湖、奥入瀬渓流を
経由しましたが、あいにくの雨。wink
 
↑ 『雪中行軍遭難記念像』の前で。
  遭難記念とは・・・。



今回、かなりの長距離を走ったことにより
我々北海道民の道路の感覚が本州とは
違うのを実感しました。



北海道では100キロくらいの道のりは
下道でも2時間程度なイメージですが
本州では国道を走っていても、
急に山道になったり、道路が細くなったりと
思うように進みません。



気づけば、わんこそばのお店に
並ばねばならない9時は
とっくに過ぎてます。今回の旅の
メインのわんこそばを食べないわけには
いかないので、盛岡まで高速で全力です。



そして10時30分頃、盛岡にたどり着いて
わんこそばのお店に行くと
何とか食べられることにはなりましたが
食べられるのは13時頃とのこと。



それまでしばらく時間があるので
別の盛岡グルメを。
 
↑ じゃじゃ麵です。



こちらのじゃじゃ麵、うどんのような
もちもちの麺にきゅうりとネギが乗り
そこに特製の味噌がかかってる
シンプルなもの。



これが意外にも子供達に大好評。
シンプルなんですが、酢やラー油、
ニンニクなどで味変をしながら
食べると、色んな味が楽しめます。
 
↑ このじゃじゃ麵、子供達も
  すっかり気に入り、家でもできる
  タイプを買って帰りました。



そして、そうこうしてるうちに
ついにわんこそばの順番が。
 
↑ 今回のチャレンジは次男のみ。
  じゃじゃ麵は4人で2人前だったので
  他3名は盛りそばを食べました。



さあ。次男念願のわんこそばです。
7年前の僕や長男の記録を越えるべく
『100杯はいきたいな。
と宣言してましたが、果たして・・・。



結果は一般女性の平均程度の38杯。
 
↑ お椀の数、少なっ。



直前にじゃじゃ麵を食べてしまったことや
この日の朝ごはんをちゃんと食べてないこと
数日前に熱中症になったこともあり
体調も本調子じゃなかったようですが
それにしても少なかった。
※そばをついでくれるお姉さんも
 退屈気味でした。



次男も思った以上に食べられず、悔しいやら
何だか恥ずかしいやらで、微妙な雰囲気。
それでもいい体験になりました。



そして次の目的地は僕のこの旅の
一番の目的の中尊寺です。
 
↑ 平泉町ではモノクロの看板の
  セブンイレブンが。セブンイレブン
  だけでなく、色んな企業の看板が
  白黒中心の地味な感じに。
  景観に対しての条例でしょうね。



そしてあいにくの雨の中wink
16時過ぎに中尊寺へ到着。
 
↑ 建物があるまでの林道を
  歩いているだけで、
  リラックスできるような
  パワースポット感を感じました。



雨が降ったり止んだりなのと
各施設が17時に閉まってしまうので
どれもあまりゆっくり見れなかったのは
残念でしたが、メインの金色堂は
やっぱりすごかったです
 
↑ 右上に指が。
  金色堂の内部や宝物庫は
  撮影禁止なのが残念。



今から約900年以上も前から歴史が
受け継がれてることは驚きです。
源義経と弁慶の頃の話ですよ。



僕以外の家族は大した興味も
なさそうなので、あまりゆっくり
できませんでしたが、今度は
もう少しゆっくり見学したいものです。



というわけで、今回の旅の
最大の目的は果たせました。
しかし、日程の都合で
この日のうちに新潟に
到着せねばなりません。



時刻は17時過ぎ、目的地の
新潟までは約350キロ・・・。
何とか気合いを入れ、東北自動車道
磐越自動車をひたすら走り
夜の22時頃、無事到着。
生きてて良かった。



こうしてブログの記事を書いてる
だけでもヘトヘトになりそうです。
そんなわけで次回に続きます。

情報発信リーダー 石川へのお気楽メール相談フォーム